福岡検疫所で黄熱病予防接種実施

予防接種

こんにちわ、ぱっくんです。

今回は黄熱病の予防接種について、福岡検疫所の紹介をしたいと思います。

その他の予防接種については、こちらの記事で紹介しております。

黄熱病については、サラリーマン時代に大分県で勤務していた時代に打ったもののため、

その他の予防接種とは別記事としております。

※本記事は、2017年3月に接種した情報となります。また、九州情報となります。

スポンサーリンク

黄熱病の予防接種が必要な国

南米やサハラ砂漠以南のアフリカ諸国では、黄熱病の接種証明書の提示が求められることがある様です。

持っていないと、入国拒否なんてこともありうるので、対象国に行く方は接種しましょう!

サラリーマン時代にマチュピチュとウユニ塩湖に行こうと思って接種しましたが、結局当時休みが取れずエジプトに行っちゃいました。笑

しかし、ムダではありません!黄熱病の予防接種は1回の摂取で生涯有効です!

打てるときに打っちゃいましょう!

九州で黄熱病のワクチンが打てる場所

黄熱病の予防接種は普通の病院等では打てません!九州では下記のみです。

福岡検疫所

門司検疫所支所

長崎検疫所支所

鹿児島検疫所支所

※リンクは福岡検疫所にのみ付いておりますが、同サイト内にその他の施設情報記載してあります。

予防接種可能曜日

下記が各施設での予防接種可能日となっております。

施設名 接種日 予約可能期間
福岡検疫所 毎週水曜日 13:00 1か月前~2日前
門司検疫所支所 第1火曜日 13:30 1か月前~7日前
長崎検疫所支所 第2火曜日 13:00 1か月前~前週木曜
鹿児島検疫所支所 第3木曜日 14:00 1か月前~2日前

自分は当時大分県に住んでいたので、門司が近かったのですが、火曜日に休みが取れなかったので、福岡検疫所に行きました!

尚、接種可能なワクチンは黄熱病のみです。

※場所によっては予防接種をしていない時期等もあるので、受けられる際は最新の情報をチェックしてください!

接種当日持ち物

・収入印紙11,180円 ⇒ お釣りは出ないので、ぴったり用意しましょう!
※郵便局で購入可能です!

・パスポート  

接種当日

集合時間が決められているので、少し早めに行きましょう!ただ、あまり早く行っても部屋が空いてません。

福岡検疫所は13時集合なので。15分~20分前程に到着できればスムーズに行くかと思います。

というのも、問診票等の必要事項を記入し終えた順に案内となるため、早く行って記載を終えたほうが早く案内されます。

当日受ける人数にもよるのですが、ギリギリに行って記載し終わるのが最後だと、案内は最後です。

20人いたら20番目なので、それまで待ちぼうけです。

ですので時間に余裕を持って早めにいきましょう!!!

尚、当日熱があると受けれません

かという私は、、、37.2度で医者に止められそうになりました。。

そこは平熱いつもそんなもんなんで!!(これ本当)ってことで押し通しました。

せっかく大分からはるばる福岡まで行って接種できないとか悲しいですからね。。笑

 

接種後

・黄熱病は生ワクチンのため、接種後はその他の予防接種を4週間は打てません!!
※世界一周予定の方は要注意!時間に余裕を持ってスケジュール組みましょう!

・効果としては、接種を受けた日の10日後から生涯有効です。

 ※接種10日以内の渡航は控えましょう!

・接種した証明として、こんな感じのローカードが発行されます!

無くすと再発行手数料掛かるので無くさないようにしましょう!

 

以上、黄熱病ワクチン接種の紹介でした!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
予防接種旅の準備編
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント