【グアテマラ】地球の息吹を感じるか?!アカテナンゴから見るフエゴ火山の噴火~ツアー詳細まとめ

グアテマラ

こんにちは、ぱっくんです。

今回はグアテマラのスーパーおすすめスポットを紹介したいと思います!

今回紹介するのはフエゴ山という活火山で、頻繁に噴火が見れるのが人気なスポットです。

ただ、登るのはフエゴ山ではなく、お隣のアカテナンゴ山というところで、そこからフエゴ山を眺めることになります。

それでは、行き方等も含めて紹介していきたいと思います!

※2020年2月1日情報

アカテナンゴ山及びフエゴ山

両物ともグアテマラにある火山。

拠点となる町からは車で1時間程の距離↓

フエゴ山はグアテマラにある火山では最も活発なもので、ほぼ毎日噴火している標高3,700mの山。

アカテナンゴ山はフエゴ山の隣に位置しており、標高3,880mで現在は休火山となっている。

休火山のアカテナンゴに登って、活火山のフエゴ山を見るのであーる!

活火山に登ったら危険だからねw

ツアーの予約

さてさて、アカテナンゴ山の行き方ですが、基本的にはツアーです。

自力で行くこともできるらしいですが、自力で行って死人が出ているような山なので、事故責任で!

ツアーといっても、さすがグアテマラ!!コスパ抜群です!

アンティグアの町にたくさんツアー会社がありますが、大体相場は200~300ケツァル≒3,000円~4,000円

この値段に何が含まれているかというと・・・・・ちなみに1泊2日です。

・3食(昼飯、夜飯、朝飯)

・トランスポート(宿から山の麓の往復)

・ガイド

・寝袋

・テント

・防寒具

※ツアー会社によっては、差異があるかもしれないので何が含まれているか要確認

これで3,000円ってめっちゃ安ない?!

僕が予約したのはこちら↓

ペンション田代さんのHPはこちら

※値段は上記のもの全て含んで200ケツァル(と思ったら、防寒具含まれてませんでしたw)

僕ら6人とも誰もペンション田代さんに泊まってないのに、快くツアーの手配してくれましたw

個人で用意するもの

・入山料:50ケツァル≒750円

・水:3~4リッター

・高山病の薬

・ヘッドライト

・服多め

いざ行ってみよう!

まず、準備は前日から。。。

前日のお昼ぐらいに高山病の薬を半錠飲みます(急に飲むより事前に飲み始めた方がいいみたいです)。

そして、当日の朝、出発前に残りの半錠を飲みます。(後は山頂でもし痛くなったら1錠)

※後述しますが、高山病になったら火山全く楽しめないので、飲んでおいた方がいいです!

それでは行ってみましょう!

AM8時45分ペンション田代に集合です。

※旅行会社で申し込んだ場合は家の前まで迎えに来てくれるらしいです。

AM9時送迎のシャトルバス到着

そこから30分ぐらいかけて、他の客を乗せて回ります。

AM9時半:ツアーを催行する会社の前で昼食を受け取ります。

受け取りまで少し時間掛かるので、ここでトイレ休憩を済ませます。

また、ここで入山料の50ケツァルを払いました。

AM10時:アカテナンゴの登山口に向けて出発

AM11時:登山口着(ここで大体標高2,400m)

向かいの商店で、登山用のスティック等を借りたい人は借りていきましょう!

ここでもトイレに行くことができますが、有料です。(3ケツァル

珍しい石造りの小便器↑

AM11時半:登山開始

いざ出発!

この時はまだ、皆元気w

ちなみに僕らのグループは総勢20人で、ガイドは2人でした。

初っ端、こんな感じの急勾配の道を上っていきます↓↓↓

正直、滑りやすいし、勾配もきついので、一番序盤が一番きつかったですw

30分ぐらい登ると、最初の休憩ポイント↓↓↓

ここで15分ぐらい休憩挟みます。

休憩後は再び、登り始めます。するとすぐ、I LOVE アカテナンゴの看板が↓↓↓

更に登ること約30分、再び休憩ポイント↓↓↓どうやらここが本当の登山口らしい。

ここでお昼休憩です♪

出発前にもらったブリトー、うまいです!

ここでは、30分程休憩。トイレは無料でした!

PM1時:再出発!

この先は割と体も慣れてきて、道もそこまで急じゃなくなってきます。

大体30分に1回ぐらい、5分程度の休憩を挟みます。

※というか道の分岐点でペースの速い組が遅い組を待っているのでしょうw(道間違えたら遭難するので

ちなみに僕は20人のうち、ほぼ最後尾w

速い人に付いていくとヘバるので、自分のペースで行きましょう!

登ってる最中は天気が悪かったんだけど、だいぶ上まできたら青空が見えてきた!

PM4時半:ベースキャンプ着(ここで標高3,400m)

11時半に出発して、4時半に到着したので、5時間の道のり
内1時間ぐらいは休憩てるので、実質登ってるのは4時間ぐらい。
飲んだ水の量は1.2リットル。思ったより飲まなかった。

この後は、各自撮影タイム!

10分に1回ぐらい大きな噴火があるんだけど、迫力凄すぎ!

噴火口は2か所あるみたいです。

タイムラプスで撮ってみた!

霧が凄い。。天気が良いと霧は全くなくて視界良好らしいです

ちなみにPM5時からフエゴ山の火口から150m近くまで行くツアーがあります。

追加料金100ケツァル≒1,500円で往復4時間。

グループ20人の内、参加したのは6人の猛者

僕は体力無いので大人しくベースキャンプから撮影ですw

こちらの写真はフエゴに登っている人たち↓

日が暮れてきました。これだけでもすごい綺麗↓

日が沈むと、噴火が赤く見えるようになります。その光景はまさに地球が生んだ奇跡!

めちゃくちゃ感動してます!

夜になると星も一緒に見れて凄い光景!

正直驚いたのがGoproでも星が撮れること。

本当買い換えて良かったわー!

たまにとてつもない轟音とともに、バカでかい噴火があるんだけど、ちょうどそのタイミングで電池切れたり、違うことしてたりでシャッターチャンス逃すww

それでも、次デカいの来るまでひたすら粘る。

そしてついにその瞬間が!!!!。。。。。と思ったら。。。

霧が掛かってしまい、せっかくの大物を逃してしまいました。。

シャッター切る瞬間は一切霧無かったんだけど、シャッタースピード20秒だったので、その間に霧が侵入してこんな感じに。。

この後はさらに霧も濃くなり、雨も降ってきて、何も見えなくなったので、撮影終了。

一応一番良く撮れたのはこれかな?

PM8時:夕飯

パスタの量が多くて幸せーー!

PM9時半:フエゴの火口付近まで行った猛者たちが帰ってきました!

猛者からもらった動画↓↓↓

めっちゃ近いな!

PM10時頃:就寝

悲しいことに、夜中が一番噴火の爆発音がでかいww

でも、ガスってて見えないのが悲しい。そして暴風と噴火の爆音でなかなか寝れない私たちw

翌AM4時:雨が降っていたので、朝日鑑賞山頂アタックは中止

天気が良ければ朝日を見に山頂へアタック(片道MAX2時間)するのですが、今回は嵐のため中止でした。

ちなみにこんな感じで6人で寝てましたw

僕らが泊ってたテントは仮設テントで、ファスナー壊れてて閉まらんので雨がバンバン入ってきましたw

↑ファスナー開いてるのは開けてるんじゃなくて閉まらないのですw

常設されてるテント(ドーム型)はしっかりしてるので、そっちに泊まりたかった↓

AM8時頃:朝食とコーヒー(朝食の写真撮り忘れましたがパンです)

ちょいと高山病の薬の効果が切れたのか、体に異変が出始めました。(あとは下山するだけなので問題なし)

やっぱり行く前に飲んでおいて良かった!

降りる前に皆で記念撮影!見ての通り何も見えませんw

あ、20人全員で!

AM8時20分:下山開始

帰りは楽ちん!でもよく滑るので要注意!

AM10時40分:2時間20分で下山完了!

ちょいとシャトルバス待ち。

AM11時:シャトルバスに乗ってアンティグアへ

今回は好きなとこで降ろしてもらえます。

PM12時:アンティグアへ

まとめ

如何でしたでしょうか!

夜の火山の噴火めちゃくちゃ凄かったです!

しんどかったけど、僕は想像よりしんどく無かったので楽しかったです♪

富士山登ったことある人なら大丈夫だと思います。(僕は富士山は2度と登らないw)

以下、僕が思ったことまとめたいと思います。

水の量4㍑も要らない⇒僕が飲んだのはトータル1.8㍑MAX3㍑もあれば十分。
:上は寒いので多めに持参。僕はフィンランドのときの装備で行きました。
ホッカイロ:腰に貼ると寝てるときに暖かくて気持ちいいです。
天気:雨だとせっかくの景色が見れないので天気予報は見てから日を決めましょう。
難易度:登るのはしんどいですが、富士山とかに比べるとイージーです。旅人がよく行くアルティンアラシャンよりも余裕です。
高山病の薬は登る前から飲み始めましょう。今回も1人高山病に掛かりました。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
グアテマラ記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント