【バングラデシュ】未知のバングラデシュへ~到着早々トラブル三昧~

バングラデシュ

こんにちわ、ぱっくんです。

現在、バングラデシュの首都ダッカという町に来ております。

まさか自分がバングラにいるなんて数カ月前までは想像もしてませんでしたw

なんか興味本位で来ちゃったけど、今のとこめちゃくちゃ楽しいです♪笑

 

今回はミャンマー出国からバングラの宿到着までのストーリーです。

※2018年12月26日情報

ミャンマー出国

ヤンゴンの空港まではバスでシュシューンと行けてしまうので、慣れたように乗車するつもりが。。

バス停に歩いていく途中で、乗るはずのバスが行ってしまった。。。笑

とりあえず30分後にまた来るから気長に待とうと思っていると、バス停がローカル路線のバスで埋め尽くされる。

30分後、空港行きのバスはなんと、止める場所がないから普通に素通りしていってしまった!!

バスとバスの間から微かに垣間見えた赤い車体で空港行きと判断した私。(ファインプレー!)

やばい!と思って必死に追っかける。が、しかし、前後に荷物を抱えているのでスピードはそこまで出ない。

運よく現地人の足の速い子も同時に走っていたので、なんとかバスが気付いてくれて乗車できた。。

フー。。。余裕ぶっこきすぎたw

 

チェックインを済ませ、ラウンジで小休憩。

※チェックイン時にバングラ出国チケットを求められた。前日に取っておいてよかったーーー!!

ラウンジ内で久々のちゃんとした食事(勿論無料)↓

パスタがうますぎたーーー

そんなこんなで不安と期待を胸にいざ出発!

 

バングラ入国

バングラのダッカには1時間半ぐらいで到着。

到着後はアライバルビザ取得のために、その手続きをする。

尚、アライバルビザ取得方法は下記記事にて記載しております。

バングラデシュ~アライバルVISA取得方法

自分は韓国人やけど、日本語しかできないのでビザの取得については日本のサイトを見ている。

それが仇となってしまった!

 

トラブル1(VISA料金)

日本人はVISA料金は無料である。

韓国人の私は、何を血迷ったか普通に日本人と同じ感覚で行ってしまった。(いつもやったらちゃんと調べるんやけどなー)

『オー、ユーは韓国人ね!ビザ代51$ね!』

え?VISA代?無料じゃないの?しかも51$?

持ってないよ!USドル!

 

どうしたらいいか聞いたら、外に出て両替して来いとのこと。

え?外?イミグレしてないよ?いいの?

ってことで、スタンプなしで入国しちゃいましたよ!!

初不法入国ですw

もちろん、パスポートは出口のオフィサーに預けました。

そんなこんなで、両替商に日本円をUSドルに換えてくれ!と頼むも、ここはバングラの通貨にしか買えられない!

と言われ、途方に暮れる。一応数件回ったが、どこも同じ回答。。

 

どうしようもないので、とりあえずカウンターまで戻るかと思い、パスポートを預けたオフィサーの元へ。

あれ?どのオフィサーやっけ?

皆顔が一緒で誰に預けたか覚えていない。。。

手にパスポート持ってたら分かるんやけど、そんな人もいない。。

取り合えず片っ端から聞きまくったら、ポケットから僕のパスポートが!!!

よかったーーーー涙

本当に不法入国になるとこやったw

パスポートを手に入れた私は、再びカウンターに戻り事情を説明する。

すると、『そうか、それなら俺がなんとかしよう!』

ってことで1万円渡して差額をバングラデシュタカで返金してくれました!(勿論レートは最悪)

それができるなら最初からそうせんかーい!!!

 

これでやっとこさ、審査の列に並べる。。

審査が始まってからは、めちゃくちゃ質問攻め。。

出国チケットの提示やら、ホテルの予約確認書の提示等めちゃくちゃ厳しかったです。。

 

後から分かったことだけど、2018年12月30日は5年に一度の総選挙なので、審査が厳しい模様?

 

トラブル2(ホテルまで彷徨う)

なんとかスタンプを貰えたので、そのままとりあえず空港を出る。

空港内のタクシーは高いと聞いていたので、歩いて敷地外に出ました。

外に出ると、空気が淀んでる。。w

これがバングラか!

歩いて5分くらいで敷地の外に出れます。

敷地外に出ると、バスやらリキシャーやらCNGがわんさかいます。

僕が乗ったのはCNGという乗り物です↓(写真は昼間に撮ったもの)

ドライバーに住所見せてここに行きたいんだと言っても英語が通じない。。

バイクに乗っていたイケメンお兄さんが、携帯見せてみろって言ってくれて通訳してくれた。

ところがどっこい、急にイケメンとドライバーが喧嘩しだすww

どうやら、イケメン君はドライバーが料金吹っ掛けてきてたので、交渉してくれていたのであーる。

こいつはあかんから、別のドライバー探すぞ!』と頼もしいイケメン。

結局相場っぽい値段を提示してくれたドライバーを見つけてくれてバイバイ!

バングラ人優しいなーーと、先のトラブルを忘れるぐらい感動しましたw

ちなみに乗車すると施錠されて、まるで檻の中ですw

しばらく走って自分の宿が見えたので、『ここで降ろしてー』と言うも無視。。

英語が通じていない。

そのままどんどん奥深くへと入っていき、道中の人に道を聞きまくるドライバー。

もうここでいいって。歩いて行けるから。。

勿論無視w

 

そんなやり取りを30分続けて、ようやく宿到着。

どや顔のドライバー。。

いやいやさっき既に着いてたから!というのは言わずに笑顔でお金を渡して、やっとチェックインw

 

トラブル3(停電)

チェックイン後、さてシャワーでも浴びるかと思ったら急に停電。

よく停電がある様です。

 

そんなこんなで波乱万丈なバングラを楽しんでおります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
バングラデシュ記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント