【世界一周】ブータンのチップ相場、おすすめ代替品はユニクロ製品?(2019年1月)

ブータン

今回はブータン旅行で掛かる費用と、皆が悩むガイドに渡すチップの相場について記載したいと思います。

尚、本記事の最後に記載しますが、チップはお金以外のものでもOKです。

スーパーおすすめのものを紹介します!笑

※2019年1月情報

ブータン旅行で掛かる費用

まず、ガイドに渡すチップの話の前にブータン旅行で発生する費用について、説明したいと思います。

旅行会社に支払う費用

旅行者は1日当たり下記料金を旅行会社に支払う必要がある。

オフシーズン(すべて1人当たりの料金)

3人以上で旅行する場合:200US$/泊

2人の場合:上記金額にプラス30US$/泊追加

1人の場合:上記金額にプラス40US$/泊追加

※尚、ブータン政府はこの中から55US$/泊ビザ代として旅行会社から回収する。

 

ハイシーズン(すべて一人当たりの料金)

3人以上で旅行する場合:250US$/泊

2人の場合:上記金額にプラス30US$/泊追加

1人の場合:上記金額にプラス40US$/泊追加

※尚、ブータン政府はこの中から65US$/泊ビザ代として旅行会社から回収する。

 

旅行会社に支払う費用まとめ

上記のことを下記表にまとめるとこのようになる。(単位US$/泊

3人以上 2人 1人
ハイシーズン 250 280 290
ローシーズン 200 230 240
例:ハイシーズン、3人以上で3泊4日の旅行であれば、
250×3泊=750US$の費用が少なくとも掛かることになる。
合計金額750US$航空券代旅行会社の利益

本情報は下記ブータンの空港内の本屋にあったガイドブックの情報を元にしている。

上記情報の活用方法

どうせツアーなんだから、こんな情報知っても意味なくない?

そんな方のために、ワンポイントアドバイス

ブータンのツアーを申し込む人の大半はタイ、もしくはネパールからだと思います。

1人で申し込んで1,350US$と言う旅行会社があった場合、3人で申し込んでも同じ金額の場合は、その旅行会社が得をしているということになります。

つまり、旅行会社との値段交渉が可能ということになります。

僕はブータン出国時にこの情報を知ったので、ツアーを予約したカトマンズの宿に、

戻ってきてからのカトマンズでの宿代を、交渉して格安割引してもらいました♪

一緒に行ったおじいさんは無料にしてもらってました(がめついw)

その他の掛かる費用

基本的にブータンでのツアーはオールインクルージブです。

ただし、下記のものは含まれていないので注意。

食事の際のアルコール

食事は3食付いておりますが、その際にアルコールを頼む場合は有料となります。

紅茶やコーヒー、水はインクルージブです。

お土産代

これはツアー代金に含まれていないので、お買い物する場合は有料です。

ガイドとドライバーに渡すチップ(計算方法)

はい、ようやく本題のチップについてです。

元々ブータンはチップ文化のない国だったのですが、欧米人観光者がチップをバラ

撒いてきたせいで、習慣化されてしまっています。

ガイドやドライバーたちに相場を聞いても、気持ちで十分だと言います。

なので、正解はありません!ぶっちゃけ払わなくても可です。

下記はチップの代表的な計算方法です。

1日当たりのチップ相場 ガイド:10US$ ドライバー:5US$

例:3泊4日なら、4日として計算:60US$/人

4日目が送迎だけなら3日として計算:45US$/人

2日目と4日目が送迎だけなら2日として計算:30US$

さじ加減は個人の自由です。

チップはお金じゃなくても平気?

全然大丈夫です!

実際に僕らは、お金+αのものを渡して喜んでもらいました!

その+αの品物とは。。。

 

ユニクロ製品です!!

 

なぜ、ユニクロ製品に行きついたかというと、ティンプーの町でユニクロを発見したときのこと。

ぱっくん
ぱっくん

ユニクロって有名なの?

ガイド
ガイド

有名も何もブータンでは超高級ブランドだよ!

聞くところによると、ヒートテックが3,000円ぐらいするとのこと。

日本のユニクロ販売価格に対して3倍ぐらいの値段で売られているっぽい。

ウルトラライトダウンジャケットなんて1万円以上

つまり、日本で安いヒートテック類を新品購入して渡すだけでチップの代替になってしまうのだ!

実際に僕らはヒートテックを渡して大変喜ばれました!!

実際に渡したお金とユニクロ製品(3人合計)

3人で旅行していたので、3人合わせて渡しました!

尚、お金は封筒に入れて渡します!

2,000ニュルタム

おじいさん35US$

お兄さんヒートテック上下(ガイド)ヒートテック上のみ(ドライバー)

日本円換算で3人合わせて100US$に収めるよう調整しました!

しかし、ユニクロのブータンでの相場を考えると、それだけで100US$オーバー笑

お金が入った封筒には見向きもせず、ユニクロを喜んでおりましたw

お金は封筒に入れたまま、バイバイするまで中身確認してなかったです。

 

チップまとめ

1.チップはお金より、ユニクロ製品の方がお得!(セール中に買おう!)
2.お金で払う場合、中身の確認はしないのでぶっちゃけいくらでもいい!

 

以上、皆さんの旅行の参考になれば幸いです!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ブータン記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント

  1. メグ より:

    初めまして、こんにちは。
    ブータン王国のチップ制度、以前は無かったけど欧米人の観光客がチップをばらまいて習慣化されたのですね。お金+αがユニクロ製品とは~!(^^)!
    そういえば、以前ブータン国王夫妻が来日した時に奥様の方がユニクロ製品をお土産にしたいというニュースを聞いた事がありました。ブータンでは高級品なのですね。
    応援ポチ。

    • admin より:

      初めまして、コメントありがとうございます!
      ブータン王妃もユニクロ製品好きなんですね!
      こんなんでいいの?と思うようなものが、海外では貴重だったりするのでおもしろいですよね。
      応援ありがとうございます!