【ペルー】ワカチナ(イカ)からナスカの行き方~途中下車でナスカの地上絵発見!2020年情報

ペルー

こんにちは、ぱっくんです。

今回は、ワカチナからあの有名な地上絵があるナスカの行き方を紹介します!

尚、バスでナスカに向かう途中に地上絵が3つ程見れる展望台があるので、そこで途中下車してからナスカの街に向かう方法も紹介したいと思います!

※一旦ナスカの町に行ってから地上絵を見に行くと、来た道を戻るのでお金と時間を無駄に消費します。

※2020年3月3日情報

ワカチナ(イカ)からナスカの行き方

ワカチナとナスカの距離感は下図の通り↓

ここで注目してほしいのが地上絵のポイント↓↓↓

展望台はイカからナスカに向かう途中(ナスカから26km手前)にあります。

冒頭でも述べましたが、ナスカの街まで行って展望台まで行くのは無駄が多いことがこれで分かります。

肝心の展望台の位置はこちら↓

それでは各行程毎に分けてみてみましょう。

ワカチナからイカのバスターミナルまで

ワカチナからイカのバスターミナルまでは至って簡単。

メイン通りに出たらトゥクトゥクがいるので、【Soyuz】というバスターミナルまで送ってもらいましょう。

値段:5ソル≒150円

所要時間:10分

イカからナスカの地上絵まで

先ほどのSoyuzのバスターミナルには色々な会社があるんですが、Peru busという会社がナスカ行きを扱ってます。

便数は割と多いと思います。(多分20分に1本ぐらい?)

僕は11時の便を購入:12ソル≒360円

えーと、ここでチケット購入しないで、バスがターミナルから出るところ(建物裏手)にも乗り場があるのですが、そこから乗って車内で支払うと10ソルになります。(ちょっとした裏技w

場所はこの辺?↓ちょいとGPS微妙だったので定かでないです。

まぁ差額60円ぐらいなので、気にしなくてもいいかと。

んでもって、バスに乗ったら下図のミラドール(展望台)目指します。

予めバスの運ちゃんには、【クァンド イエガモス アル ミラドール ポルファボール アヴィセメ】=【展望台着いたら教えてね】と伝えておきましょう。

ナスカの地上絵からナスカまで

地上絵を十分に満喫したら、あとは再びバスに乗ってナスカに行くか、ヒッチハイクで行くかの2択になります。

まぁバスが20分に1本ぐらいのペースで来るので、バスでいいかと思います。値段も3ソル≒90円と安い。

それでは実際に行ってみましょう!

実際に行ってみた!?

10時過ぎ:ワカチナの宿をチェックアウトして、トゥクトゥクでイカのSoyuzまで。

トゥクトゥク代:5ソル

10時40分:SoyuzのPeru busでチケット購入!

チケット代:12ソル≒360円

出発まで時間あるので、外でブランチ調達♪こちらのパン1個1ソル≒30円。(見た目酷いが美味w)

11時:バス乗車して時間通り出発(1番のバス

※ドライバーに呪文言うの忘れずに!【クァンド イエガモス アル ミラドール ポルファボール アヴィセメ】=【展望台着いたら教えてね】

出発してすぐに、ターミナルの出口でローカルの乗客がたくさん乗ってくる。

そして僕の隣のおばちゃんが車内で支払った金額は10ソルw

どういうことーーーーー2ソル安いんですけどーーー(これが裏技の真相w)

※どうやらカウンターで買うと高いみたいなので、ローカルは直接バス車内で支払うみたい

13時25分:約2時間半後ミラドール着

なかなか高さのありそうな展望台↓(高さ20m

こちらの展望台、ドイツの考古学者がもともと研究のために建てた展望台らしいんだけど、老朽化が進んでいたので、新しくなったばかり!

※新展望台建設にあたっては、日本の文科省や企業も出資しています。

先に受付を済ませます。

入場料:4ソル≒120円

ここで荷物も置かせてもらいます。

一緒にバスを降りたコロンビア人も同じ場所に荷物を置いてます。

尚、荷物は受付の目の前なので、盗まれる心配は無いとのこと。(受付が見ていてくれる)

あと、人もそんなに来ないので問題なし。

それでは、早速登ります。

はい、上からでも自分の荷物を確認できますw

上から見える地上絵は4つ、ただし、そのうちの1つは消えかけているので、まともに見えるのは3つです。

それでは1つ目

古い展望台の右手に見えるのが木の地上絵です。

ズームしてみましょう。

2つ目

古い展望台の左手に見えるのが手の地上絵です。

ちょいと遠いので、こちらもズーム!

まさにゴッドハンド!

3つ目

ちょいと分かりにくいですが、左側の中心が頭、そしてその左右が手、後方が足となってます。

その他にも以前までは↓の右2つも見れたみたい↓

一番右のお花さんは花の部分だけ砂に覆われちゃってるらしい。茎の部分は健在。

13時45分:展望台の上からバスが来たのを確認

さすがに間に合わないので、次のやつに乗ります。(ここで20分に1本だと判明)

14時07分:更に20分後、ちゃんとバスが到着(料金3ソル

14時35分:そこから30分程でナスカのバスターミナル着

僕はナスカに1泊しましたが、何もないのでそのまま夜行バスでアレキパに行ってもいいと思います。

まとめ

いやはや地上絵インクレディブレでしたーー!

紀元前に作られたものがここまで綺麗に残ってるのは凄いですね!(ここは雨が降らないため)

行き方についても、一旦ナスカに行ってからだと無駄が多いのが分かってもらえたかと思います。

最後に料金等まとめておきたいと思います!

ワカチナ⇒イカ:トゥクトゥク5ソル(所要10分)
イカ⇒地上絵:バス10or12ソル(所要2時間半)
地上絵⇒ナスカ:バス3ソル(所要30分)
地上絵入場料:4ソル
以上、最後までご覧いただきありがとうございました!
ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ペルー記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント