【コロンビア】地下最大の塩の教会~ボゴタからシパキラまで日帰りで行く方法~2020年情報

コロンビア

こんにちは、ぱっくんです。

今回はボゴタから行ける日帰り観光スポット、シパキラの塩の教会について紹介したいと思います。

ここは、ボゴタに来たらMUSTスポットです!

DONT MISS IT!!です!!

※2020年2月27日情報

シパキラの塩の教会

地下約200mの深さの洞窟内に作られた教会で、世界一大きい十字架(地下洞窟の中では)を誇る。

元々は塩鉱山として、塩の採掘ための場所であったが、過酷な労働環境から労働者の癒しのための教会が建てられた。

現在では、塩の採掘が終了している部分について、一般客へ開放されており、誰でも訪れることが可能となっており、コロンビアの人気観光スポットとなっている。

ボゴタとの位置関係は下図参照↓↓↓

料金:59,000ペソ≒2,000円(オーディオガイド含む)/オーディオ無しでも値段一緒
所要観光時間:約2時間

※高い!と思って渋ってる方へ、騙されたと思って行ってみてください。行く価値ありです。

行き方

本記事ではカンデリア地区から行く方法を記載したいと思います。

別のエリアに宿泊している場合は、グーグルMAPで【PORTAL NORTE】までルート検索しましょう。

カンデリア地区から行く場合も、まずは【PORTAL NORTE】を目指します。

PORTAL NORTE】の場所は下図↓

カンデリア地区(ただいまHOSTEL)に宿泊している場合は、トランスミレニオの『LAS AGUAS 』もしくは『UNIVERSIDAD』 駅から【PORTAL NORTE】までB74番で1本で行くことができます。(場所下図)

『LAS AGUAS』駅UNIVERSIDAD』駅は連結してるのですが、時間帯によってどっちの駅に停まってくれるか不明です。

まず『LAS AGUAS』に着いたら、どっちからB74番が出ているか確認しましょう。

トランスミレニオ料金:片道2,400ペソ≒80円(往路で往復分チャージした方が良い)
所要時間:約1時間 

無事に【PORTAL NORTE】に到着したら、降りてすぐ向かいからシパキラ行きのバスが出ているので、それに乗り込みます。(トランスミレニオのゲートを出る)

バスに乗り込む際にシパキラの教会に行きたい旨伝えると、到着時に降ろしてくれます。(終点じゃない)

・バス料金:6,000ペソ≒200円
・所要時間:約1時間

バスはシパキラの下図の周辺で停まって、降ろしてくれました。

ここから塩の教会までは歩いて20分ぐらいです。

帰りは来た時と同じルートを辿るだけです。(トランスミレニオは帰路ではBじゃなくてJ74番

それでは、実際に行ってみましょう!

実際に行ってみた!

9時過ぎにただいまHOSTELを出発して、トランスミレニオの『LAS AGUAS』駅に向かいます。

入場料:2,400ペソ分チャージして入場します。(往復分4,800ペソ分チャージした方がベター

ちょうどB74番のサインがあったので、待ってたもののB74番止まらないw(素通り)

どうやら時間帯によって、『LAS AGUAS』駅か『UNIVERSIDAD』駅のどちらかに停まるみたいで、僕のときは『LAS AGUAS』駅では無かったみたい。

駅員に聞いたら『UNIVERSIDAD』駅に行けとのことなので、地下道くぐってそちらへ移動。

※この2つの駅は連結してるので、外に出る必要なし。

ってことで、まず着いたらB74がどこから出るか聞くのがベター!

そんなこんなで、無事『UNIVERSIDAD』駅B74番到着。

9時36分:B74番乗車

10時20分:約50分で【PORTAL NORTE】着

降りてすぐ向かい側にゲート(出口)があって、そこにシパキラ行きのバスが停まってます。

早速乗り込みます。

10時22分;乗車

乗車時にシパキラの教会に行きたい旨伝えておきましょう。

10時24分:ガラガラの状態で出発

途中で、料金回収係が来るので6,000ペソ支払います。

11時14分:乗車後50分程でシパキラの町に降ろされます。

そこから歩いてテクテク向かうのですが、標高が高いので結構息があがります。

11時40分:25分程歩いてチケットブース着。

料金:59,000ペソ≒2,000円(オーディオガイド込み)

来た道を戻って入口の方へ向かいます。

入口の手前のこちら↓でオーディオガイドGET

のつもりが、空きが無かったのかな?

オーディオガイドの代わりに、ガイドを付けてくてましたw(追加料金なし

早速入場します。

こんな感じのトンネルの中をぐいぐい進んでいきます。

ここの教会はイエスの十字架の道行き(イエスが十字架を運んで埋葬されるまでの苦難の道)を表現しています。

苦難の道(14留)は下記の通り↓

  1. イエス、ゲッセマネの丘で祈る
  2. イエス、イスカリオテのユダに裏切られる
  3. イエス、サンヘドリンで有罪判決を受ける
  4. ペトロ、三度イエスを否定する
  5. ユダヤ人、イエスの十字架刑を要求する
  6. イエス、ローマ兵によって紫の衣を着せられ、茨の冠を載せられる
  7. イエス、十字架を背負う
  8. キレネ人シモン、イエスの代わりに十字架を背負う
  9. イエス、婦人たちと出遭う
  10. イエス、十字架に掛けられる
  11. イエス、犯罪人に語りかける
  12. イエス、母マリアに語りかける
  13. イエス、十字架上で息を引き取る
  14. イエス、埋葬される

この苦難の道を表現するかのごとく、チャンバー(部屋)が彫られ、十字架が施されています。

そして最後には大聖堂エリアが待ち構えており、その見応えは抜群!

こちらの写真、十字架が浮き出ているように見えませんか?

実はこれ、浮き出ているのは目の錯覚で、実際は掘り込みです。

近くに行くと、掘り込みであるのが分かってきます。

これでも浮き出てる!って思う方のためにw

これで彫られているのが分かったでしょ?

いやはや、こんなものをよう人力で彫ったもんです。

あっぱれ!!

大聖堂まで来たら、あとは折り返しなんですが、シパキラ周辺エリアの歴史を学べる3Dシアターや、塩と光と音楽のコラボ祭典等も体験できます(料金に含まれる)

3DシアターはまぁOKですが、光と音楽の祭典は見なくていいですw

そんなこんなで、記事ではあっさり書いてますが、この塩鉱かなり広いので、

戻ってきたら2時間経ってました。あっという間。

13時50分:終了

途中、街でランチ食べてボゴタへ戻ります。

来た時に降りた場所へ戻ると、『ボゴタボゴタ』と呼び込みしてるおっさん発見w

ついていってバスに乗り込み。

こちらのクリニックの前にバスは止まってました。

15時16分:バス乗車

乗車後、係員に6,000ペソ渡して眠りに着きます。

ところが、どっこい!!

16時15分:目覚めてMAP見たら【PORTAL NORTE】過ぎてましたw

どうやら終点じゃなかったみたいw

まぁ1駅分乗り過ごしただけなので、問題なし!

ただ1本で帰れるJ74番はここには止まらないらしく、地道に乗り継いでいきましたとさ。

17時半:帰宅

まとめ

いやはや、ポーランドのヴィエリチカ岩塩鉱に行ったときも感動しましたが、今回もまた期待値を上回る観光スポットでした!

ボゴタに訪れた際はぜひ、時間をつくって騙されたと思って行ってみてください!

最後に、料金等まとめておきます。

・トランスミレニオ:往路B74/復路J74:料金片道2,400ペソ(所要:1時間)
・バス:シパキラ行き片道料金:6,000ペソ(所要:1時間)
・注意事項:帰りのバスはNORTEが終点じゃないので、MAP見とくこと

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
コロンビア記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント