【世界一周】在日韓国人がインドビザ(E-Visa)を取得する方法

インド

僕みたいな韓国語を読めない韓国人の方は、日本のブログ等を参考にVISA情報を調べているかと思います。

韓国語が読めたら韓国サイトで情報を得ることができるのですが、いかんせんそうもいきません。

なので今回は、在日韓国人がインドビザ(E-Visa)取得する上で注意すべき点について解説したいと思います。

※2019年1月情報⇒2019年4月19日更新

ビザの種類

観光ビザ

日本のインド大使館や現在滞在している国のインド大使館に必要書類を持参して取得します。

不備があったりすると、受け付けてもらえなかったり、ビザの承認まで時間かかるため、労力を必要とする様です。

滞在期間は後述の2つより長いので、長期で滞在する方(3カ月以上)はこちらが必須になります。

アライバルビザ

空港到着時にビザを取得できる。VISAの期間は1カ月

ただし、これができるのは日本人であって、韓国人は対象外

よって、我々はこの方法での入国はできないので注意!

⇒韓国人もアライバルビザ取得可能になったみたいです。

※ただ、アライバルはオフィサーが常時いるわけではなく、長時間待たせられることもあるため、
E-VISAをお勧めします。

E-Visa

オンラインでビザを取得できる画期的且つ簡単な方法。

2カ月の滞在が可能で、期間内であれば2回までの入国が可能

E-Visaの取得方法

下記サイトよりオンラインにて申請可能。

E-Visa申請サイト

基本的には日本人の方と入力項目は一緒なので、下記ゆきんこさんのページが詳しく

記載されていて分かりやすいのでおすすめである。

【2019年10月最新版】インド『eツーリストビザ』の取得方法を徹底解説! | yukinkoblog
2019年8月末より5年の申請が可能になったeツーリストビザ。この記事では取得の手順、必要書類、オンライン申請フォームの入力方法など、eビザ取得までの流れをわかりやすく解説しています。申請が難しそう、英語が苦手だから不安、という方は特に必見です!

本記事では、上記事で解説されていない点、韓国人特有の点について説明します。

韓国人特有の点

先ほど紹介した記事を読みながら手続きを進めていると、あれ?!と思う点がある。

インドビザ申請用の偽サイトが多く、多額の金額を請求されることがある
申請費用は25USドルなので、それ以上の場合は偽サイトなので注意

このようなことがゆきんこさんの記事に記載されているので、何も考えずに進めていくと、

韓国人の方は恐らくボラレタ!!!!

と思ってしまうでしょう。。

というのも、それはボラれているわけではなく、単純に日本人と韓国人でビザの料金が違うのです。

日本人:25USドル

韓国人:81USドル

高いですね。。。

ってことで、81USドルはボラれているわけではないので安心してくださいw

 

補足情報

ゆきんこさんのページでは、申請完了後の手順が乗っていなかったので、

こちらで紹介します。

申請が完了して、ビザ承認メールが届いたら、E-Visaを印刷する必要があります。

E-Visa申請ページのVisa Statusに必要事項を記入します。

※Print Visa Application ではありません。

必要次項を記入したら↓のようなフォーマットのPDFを取得できるので、

それを印刷して、インド入国時に持参します。

こんな感じで手続きは終了です!簡単でしょ?!

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
インド記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント