【世界一周】10ヵ国目!東欧ブルガリア入国♪イスタンブールからソフィアへの行き方

ブルガリア

こんにちわー、ぱっくんです。

ついに記念すべき10ヵ国目ブルガリアに入国しましたー!!

ブルガリアは東欧の国で、ヨーグルトが有名ですよね!

といってもヨーグルトの発祥はトルコらしいけど。。笑

ってことでイスタンブールからブルガリアの首都ソフィアまでの行き方について記載したいと思います。

※2019年3月5日情報

イスタンブールからソフィアの行き方

お隣の国なのでバスでの移動が一般的です。(飛行機も有り)

僕は勿論バスで行ったので、バスでの行き方について記載します。

チケット購入

Metro社がブルガリア行きのチケットを販売してるので、Metro社に行くものの、販売してくれない。。

どうやら同じMetroでも店舗によって販売しているとことしていないとこがあるみたい。

販売可能なMetro社を探しても見つからないので、ネットで購入することに。(下記サイトで予約可

Check Bus バス予約サイト

こちらはMetro社以外のバス会社も検索できるので、出発時間の選択肢が増えます。

ところがどっこい、僕はサイトの英語への変換方法が分からなかったので断念。笑

ってことで、オトガルへ直接行って購入することに。

オトガルに行くためにアクサレイで乗り換えて行こうとしたら、アクサレイにMetro社があったので、ダメ元でソフィア行きがあるか聞いてみた。

すると、なんと購入可能とのこと!

ラッキー!!オトガルまで行く手間が省けた!(場所は下図の青ピン

トラムのアクサレイ駅を降りたら向かいに見える。

外観はこんな感じ。

時間は何種類か選べて、僕は20時半発⇒翌6時05分着の便を選択。

料金152リラ≒3,040円(1人席を選択したが、二人席だともう少し安い)

オトガルまでの送迎サービスを期待してたが、自力で行けとのこと。。

まぁイスタンブールカードの残金余ってるからいいけどね!

出発当日

時間に余裕を持たせて早めに宿を出発。

19時に宿を出発!

ところが、どっこいちょいと問題が。。

トラムに乗ろうにも満員で前後にバッグを背負ってる僕が入れるスペースがない。

とりあえず、1本電車見送って次の待つも状況変わらず。。

このままだとバスの時間やばいなと思ったので、次の電車で無理やり乗ることに。

電車が来て、無理やり乗り込むも、罵声の嵐!

『出てけ!邪魔だ!』←トルコ語だけど多分そんな感じw

しかし自分も後を引けない。

4駅乗車する予定だったけど、耐え切れず3駅で下車。

そこから1駅分歩いて、メトロに乗り換え。

メトロでも同じ状況。。

もう乗るしかないので、乗って6駅我慢しました。

Otgar駅】で降りて、バスを探すにも広すぎて分らんw

とりあえず、Metro社見つけたので、聞いてみるもここじゃないとのこと。

どうやら乗り口毎に番号が振られているとのこと。

121番に行きなさいと言われ、必死に121番を探す。

ようやく見つけたので腹ごしらえ。最後のケバブ!5リラ≒100円

そんなこんなでバスに乗って20時半に出発!

バスの中はというと、あれ?!

俺一人席取ったのに、そもそも二人席しかないやん。。こんな詐欺ある?笑

まぁ隣が小柄な人で助かったけど。。

しかもモニターちゃっちいし起動しない。。

そのせいか充電もできない。。調子こいてバッテリ使い過ぎてしもうた。。

こりゃブルガリア着くころには0%やな。。

更に、いつもなら出るはずのコーラとスナックがない。。

カップの水のみ。。

今までで一番高いバスなのに一番ひどかった!笑

イミグレ

0時に国境到着。

まずはトルコ側イミグレ。僅か10秒で通過。

再びバスに乗り、ブルガリア側の国境へ。

こちらも1分程で通過!とてもスムーズ!

やはりイミグレとはこうあるべきだ!

僕自身はすぐ終わったのだが、一人だけ全然戻ってこず、結局0時40分に出発。

所要40分で国境通過である。

そんなこんなでウトウトしていると、

『着いたぞ!』と起こされる。

時間を見るとAM4時。。

2時間も早く着いてるやーーん!!

とりあえず寒いのでバスターミナルで休憩。

2階に椅子があったので、そこでブログタイム!Wifi意外と強い!

8時ぐらいまで時間潰して、宿へ向かうのであった!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ブルガリア記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント