【トルコ】イスタンブールからカッパドキアまでの夜行バス移動~注意点紹介~

トルコ

メルハバー、ぱっくんです。

今回はトルコといったらここ!と言ってもいいカッパドキアへの移動方法についてです。

※2019年2月19日情報

カッパドキアへの行き方

カッパドキアへはバスか飛行機で行けます。

飛行機もトルコ内の移動であれば格安です。

ペガサスエアラインというLCCで格安で行けちゃいます。

ちなみに僕らはバスで行ってみました!

バスチケット購入と注意店

イスタンブール内にある旅行代理店でバスチケットを購入することができます。

もちろん、オトガルと呼ばれるバスターミナルに行けば直接買えますが、

少し遠いので代理店で買うのがベターです。

尚、観光中に日本語喋れるトルコ人がカッパドキアの情報を色々教えてくれます。

最終的に旅行会社に案内されますが、話を完全に鵜呑みにしない方がいいです。

紹介してくる旅行代理店は政府直轄だから安心だとか言ってきます。本当なのかもしれませんが。

最終的に決めるのは自分なので、良いと思ったら決めればいいし、嫌ならNOと言えばOKです。

他の国と違って押し売りしてきません。

ここで重要なのが、オトガル(バスターミナル)への送迎はホテルからではなく、

旅行代理店からなので、

宿から近い代理店を選ぶのがベター!
ちなみに自分は宿から徒歩5分ぐらいのところで購入。
チケット料金は120リラ≒2,400円

カッパドキアのツアー斡旋

街中の日本語喋れるトルコ人や、旅行代理店等は、

カッパドキアのツアーはイスタンブールで予約した方が安いと豪語してきます。

それは全くもって嘘なので注意!

そもそも現地より安いわけがないです。

実際バルーンツアー等、値段比較しましたがカッパドキア現地で予約した方が格安でした!

ツアーの予約はイスタンブールでしないこと!
あ、あとトルコ国内ではBooking.comのアクセスがブロックされているので、VPNの使用MUST!

乗車当日

代理店で送迎バンが来るのを待ちます。

18時半:迎えのバンでオトガル(バスターミナルへ)

30分ぐらいでオトガル到着。

バスの出発は20時半なので、それまで待合室にいるよう指示される。

その間バンで一緒だったフランス人と旅話。

話も盛り上がり気付いたらバスの出発時間!

バスの待合室にいたのに時間になっても、誰も呼びに来ない。。

不安に思って確認しにいったら、『もういくよ!』とのこと。

待合室にいさせといてそりゃないだろう。。と思いながらも急いで乗車。

確認しなかったら置いていかれてたのかしら。。笑

そんなこんなでバス出発!

バスのシートはメルセデス仕様です♪

一応各席画面付きやけど、トルコ語オンリー。。

ちなみにWIFIあるって聞いてたけど、無かった。。騙されたぜ。

アップルジュース等の飲料はフリーでした♪

途中、何度かパーキングにストップして休憩します。意外と立派なPA?

出発して10時間AM7時半頃ネヴシュヒルという街のオトガル(バスターミナル)に到着。

ネヴシュヒルで降ろされて、無料の送迎ミニバンギョレメまで向かうのですがここで注意点!

ネヴシュヒルでバスを降りた後の注意点

バスはギョレメまで行かずに、一旦手前の街のネヴシュヒルという街で降ろされます。

その際に、バスターミナルの中に案内されそうになります。

しかも日本人だけ!!

日本語を喋れるトルコ人が、『中の待合室で休憩しなさい』、と言ってくる。

自分たちは待合室で次のバスでも待つのかと思い、中に入ろうとしましたが、

一緒にいたフランス人が、『どこ行くんだ?』と止めてくれました。

フランス人は、ミニバンがギョレメまで送ってくれるみたいだから、一緒に行こうと。

トルコ人に確認すると、中に入ってカッパドキアの情報を提供してくれるとのこと。

僕らは情報はいらないからと強引に断って、ミニバンでギョレメで行くことに!

これが功を奏しました!

後々、大学生の旅行者と会話して分かったことですが、彼らは中に入ってしまったがために、

無料送迎のミニバンに乗れずにタクシーで高額支払う羽目になったとのこと。

自分たちはフランス人のおかげで、無事に無料でギョレメまで行くことができた。

どうやら日本人だけ狙っている模様。。

バスを降りたら中に入らず、ミニバンに乗ること!

そんなこんなでAM9前にはギョレメの宿着です!

そのままカッパドキアの定番ツアー、レッドツアーに行ってきたのでその模様は次回!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
トルコ記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント