【カザフスタン】アクタウの安宿紹介~個室感覚で使えるおすすめの宿Элем-Т~

カザフスタン

ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。

バックパッカーしてると、いかに宿代を節約するかがキーになってきます。

アクタウに来る人のほとんどは、アゼルバイジャンへ航路で渡る人か、僕のようにマンギスタウツアーに参加する人のどちらかかと思います。

どちらにしても宿代を節約したいのは変わりません。

ここアクタウは物価の安いカザフスタンの中でも宿代が高い方で、バックパッカー泣かせですw

それでも、現地ローカル向けの安宿を見つけたので紹介したいと思います。

※2019年4月&5月情報

アクタウの安宿

さて、それでは早速BOOKING.COMを開いてみましょう。

大体700円台~始まり一気に値段が跳ね上がります。

また、どこも中心地から離れているので、アクセスが悪いです。

ただ、1軒だけ相場から桁違いに安いとこがあります。

このエレムTというところ。

中心地からもそんなに離れていないので、アクセスは良。

ってことで、この宿について紹介したいと思います。

Элем-Т(エレムT)

この宿にはいくつか部屋のタイプがあります。

BOOKINGで値段表示されているのは5bed-domitoryです。

他にも4bed , 3bed , 2bedがあります

え、2bed-domiってもう個室やん?笑

と思った僕は、迷わず2bedのドミトリーを選択しました。

見ての通り値段もそんなに変わりません。

支払いは現地通貨のテンゲです。料金:1,650テンゲ/人

勿論、二人で泊れば完全個室です。

僕は5日間の滞在中ずっと一人で快適に過ごせましたよ!

設備等

宿の設備について記載します。

スタッフ

基本的に英語喋れない(1人だけちょっとだけ分かる人いる)ですが、GOOGLE翻訳で熱心に手助けしてくれます。

グーグル翻訳のロシア語をダウンロードしてオフラインで使用できるようにしておきましょう

wifi

部屋の中では、窓際の付近でないとwifiは入りません。

ただ、繋がればスピードは十分問題レベルです。

一番スピードの速い安定している場所は、キッチンの窓際です。

このブログもこの場所で書いてますが、全然問題なくサクサクです。

キッチン

キッチンにあるのは、電子レンジとケトルぐらいなので、火を使った料理はできません。

まぁ周辺に安いローカルレストランもあるのでそちらを活用するのも有りです。

ホットシャワー

水圧、水温ともに問題無いです

シャワーは二つありますが、入り口の扉の鍵を閉めたら1人しか入れませんw

まぁ、滞在中混雑したことはないので、問題ないでしょう。

トイレ

最初トイレットペーパーが無くて驚きましたが、言ったらくれました。

トイレの水の色が若干、褐色気味なので気になる方は無理かもしれませんが、

これぐらいは安宿であれば許容範囲でしょう。

部屋

完全個室状態ですw

掃除もされていて問題ないです。

チェックインの時にシーツタオルを支給されます。

宿の周辺

宿の左隣にレストランがあります。

ここでラグマンを食べましたが、美味しかったです!

ラグマン800テンゲ+パン100テンゲ計900テンゲ≒272円

宿の右に行くと、車のパーツ等が売っているマーケットがあります。

入ってすぐの右手にローカルレストランがあります。

ここも安くておすすめです。

ブッフェ形式なので、目で見てオーダーできるし、安いのでおすすめです。

この奥に行ったところにキオスクがあるので、そこでビール等も買えます。

基本的にこの敷地内周辺だけで完結できるので、沈没には持ってこいですw

空港からのアクセス

空港からは公共の交通機関がないので、タクシーか、ツアーを組んで空港ピックアップにする2択になります。

タクシーの場合、2,000テンゲ≒606円で宿まで来ることができました。

最初2,500って言われたけど、交渉して2,000まで下げました。

まとめ

部屋でwifiを使うのに難がありますが、まぁ値段が安いので許容範囲の宿ってとこでしょうか。

そんな僕は5日も滞在しましたw

普段宿情報とか書かないのに、何でなの?

と聞かれるかもしれませんが、別にこの宿の回し者じゃないですw

単純に5泊もして暇すぎただけです。。笑

さぁ次は何の記事を書こうかしら♪

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
カザフスタン記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント