【ウズベキスタン】世にも珍しい船の墓場~ヒヴァからヌクス経由でモイナクへの行き方~

ウズベキスタン

ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。

ヒヴァの宿が居心地が良かったので、普段だったら延泊する私。。

がしかし!!

3週間の遅れを取り戻すため、ガンガン移動しますよーー!!

ってことで、今回は世にも珍しい船の墓場というところに行ってきました♪

皆『ヌクス』ってところを拠点にして日帰りで行く人が多いんだけど、

このヌクスってとこ、宿代が高くて有名。(一番安くて15US$/泊

ってことで、船の墓場の最寄の町、『モイナク』ってところで宿を取って行動します!

ついでにヒヴァからの行き方も紹介します!

※2019年7月4日情報

船の墓場

船の墓場と聞いて、世界的に有名なのは『バングラデシュの船の解体所』。

そして、もう1つ有名なのが、ここウズベキスタンの船の墓場である。

国際的には、ウズベキスタンなのだが、このエリア『カラカルパクスタン共和国』という自治国になっている。

一応ここの住民のアイデンティティとしては、ウズベク人ではなくカラカルパクスタン人とのことである。

そんな船の墓場であるが、ここは元々世界台4位の規模を誇るアラル海があった場所。

ソ連時代、綿花の栽培のために大規模な灌漑政策を実施

その結果、湖は干上がり砂漠と化した。

今ではその砂漠に船が廃虚のように残っており、まるで墓場の風貌からこのような名が付いた。

ヒヴァからモイナクまでの行き方

大まかなルートは下図の通りである。

ヒヴァ⇒ウルゲンチ⇒ヌクス⇒モイナクマルシュルートカ/バス/シェアタクシー等を乗り継いで行くことになる。

次項では各ステップに分けて行き方を解説。

ヒヴァからウルゲンチへの行き方

行き方は3通り。自分がトライしたのは下記②の方法。(一番おすすめ!)

①世界第2位の長さのトローリーバス

②番号なしのマルシュルートカ

③シェアタクシー

①世界第2位の長さのトローリーバス

一番格安で行く方法。恐らく1,000スム≒12円?

但し、スピードが遅いので所要1時間以上掛かるのがネックポイント。(20分に1本の頻度

僕も最初トローリーバスに乗る前提で宿を出発した。

乗り場は下図参照。

旧市街付近の方は始発の乗り場(南)、旧市街より北側に宿を確保している方は途中のバス停で乗車。

僕は途中のバス停で待っていたんだけど、途中でマルシュが来て安かったので乗っちゃいましたw

・料金は最安だがスピードが遅い
・バスの頻度は20分に1本
・ウルゲンチでの降車場所からシェアタクシー乗り場まで歩いて30分程掛かる
②番号なしのマルシュルートカ

一番お勧めの方法。

お勧めの理由はスピードが早いそこそこ安いシェアタクシー乗り場まで連れてってくれるため。

乗り場は下図、というかトローリーバスと同じ。

目印はこちらのPEPSIの店の前。

トローリーバスを待っていたら、マルシュのドライバーが『ウルゲンチ!』と叫んでるので停めて値段聞いてみた。

すると、3,000スム≒37円とそこそこ安かったので、即決。

スピードも速く、2回程トローリーバスを追い越したw

車内は割とゆったりで後部座席を貸し切りですw

そして、何といっても嬉しいのがシェアタクシー乗り場まで連れていってくれた件。

本来トローリーバスだったら30分以上歩くことを念頭に入れていたので、嬉しい誤算である。

・料金:3,000スム≒37円
・所要時間:40分8時10分発⇒8時50分着
・シェアタクシー乗り場まで連れてってくれる。
③シェアタクシー

乗り場は下図参照

自分は試してないので料金は不明だが、前述の2つの方法より高額なのは明白。

シェアタクシーなので人が集まるまで発車しないが、ウルゲンチへ行く人は多いのですぐ発車すると思う。

ウルゲンチからヌクスまで行く方法

ここはシェアタクシーの1択かと。他に方法あったらすいません。。(空路は除きます)

シャエタクシー乗り場は下図参照

元々、オリンピックスタジアム前のところからタクシーが出る聞いていたんだけど、

マルシュのおっちゃんが連れていってくれたのはバス停。

ここで、ヌクス行きのシェアタクシーに乗ることができる。(恐らくどちらでも大丈夫)

言い値:40,000スム≒500円

下調べと同額だったので即決。

すると、僕で最後の1人だったみたいなので、待ち時間無しですぐ出発。

約2時間ちょいでヌクスの中央バザール付近に到着。(降車場所は下図参照)

料金40,000スム≒500円
所要時間:2時間20分(ウルゲンチ8時50分発⇒ヌクス11時20分着)

ヌクスからモイナクまでの行き方

シェアタクシーを降りたところから、モイナク行きのバスが出ているところまではマルシュルートカで行ける。

下図場所より5番のマルシュルートカに乗ればバス停まで行ける。(料金1,000スム≒12円

バス停は下図参照

ちなみに僕は、バスの出発時間が11時や12時という曖昧の情報しか持ってなかったため、万が一12時だったときのためにタクシーに乗りました。(タクシー:5,000スム≒62円

そして10分程乗車してバス停着。

こちらがモイナク行きのバス↓

どうやら出発は13時のようです。(料金:15,000スム≒187円

出発まで時間があるので、腹ごしらえ。

サモサ:2,000スム≒25円

12時ぐらいにバスに戻って席確保。

なにやらバスタブ持ち運んでる輩がいて閉じ込められたw

アニメ見ながら暇つぶしして13時出発。

料金:15,000スム≒187円
所要時間:3時間半(ヌクス13時発⇒モイナク16時半着)
バスの出発時間:9時11時?13時15時(11時は本当にあるか不明です)

車内は暑いので汗だくになります。かなりしんどい3時間半でしたw

バスはモイナクの下図場所で止まります。(終点)

ここから安宿までは徒歩2分程度です。(場所は下図)

モイナクから船の墓場までの行き方

宿に荷物を置いて、早速墓場まで行きます。(場所下図)

歩いて40分ぐらいで行けるんですが、マルシュルートカ(番号1番)が3分に1本ぐらいのペースでバンバン走ってるので乗っちゃいましょう!(料金1,000スム

船の墓場の前まで送ってくれます。

・マルシュ料金:1,000スム≒12円
・所要時間:10分(頻度3分に1本)
・帰りも大通りまで出たらマルシュ捕まえて戻りましょう

船の墓場観光

墓場に着いたら早速観光です!

まずは、歴史の勉強。

昔はこんな感じで湖があって、、、

時代が進むにつれて、どんどん干上がっていく。。

最終的にはこんな感じ!ほとんど残ってないね!

そして、いよいよ墓場の鑑賞です!

これが船の墓場じゃ!!

いかがですか?不思議な光景でしょ?

アップでも撮ってみます。

今度は下に降りて撮影してみます。

三脚立てて自撮りします。

こんなんとか。

助走つけてジャンプしてなんとか登ってるところw

これが一番しんどかった!!

登ったら船旅に出てる風写真!

本当は星空と一緒に撮りたかったんだけど、雲が厚いのでやめました。。

なんかつくづく星空運ないな僕w

本日の宿(UTEMURATOVA  SAXIBJAMAL)

バスを降りてちょいと歩いたところにある宿。(場所は下図参照)

・料金:70,000スム≒872円言い値は80,000スム
・wifi:有だが弱
・hotシャワー:有(問題なし)
・チェックイン後おもてなしでフルーツとパンくれる(ほぼ夕飯)
・朝食付き

まとめ

船の墓場、いかがでしたでしょうか!?

環境破壊が生んだ観光名所なのでなんとも言えないですが、貴重な体験ができました。

ヒヴァから行く場合は13時のバスに乗るために早めに出発することを推奨します。

では、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ウズベキスタン記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント