【世界一周】コルカタからバラナシまでの列車移動~大遅延20時間旅~

インド

こんにちわ、ぱっくんです。

リアルタイムはインド5日目になりますが、今のところ詐欺や食あたりには遭遇してません♪

ただ、電車の遅延という洗礼を受けましたw

今回は、そのコルカタからバラナシまでの遅延列車移動記となります。

遅延しまくって20時間も電車に乗ってましたw

※2019年1月25日情報

スポンサーリンク

列車の予約方法

列車は旅行会社や宿で取るのが一番楽ですが、

少し高額になってしまうので鉄道会社で直接購入するのが最安です。

チケット購入場所

鉄道駅と、外国人専用のチケット購入場所は離れているので注意が必要です。

上地図のFairlie Placeというところがチケット購入場所です。

シャッターが半開きで分かりにくいです。

ドアを開けたらちゃんと営業してます。

注意点

チケット購入:パスポートコピーとビザコピー(スタンプページorEビザの控え)が必要
当日のチケットは売り切れの可能性があるため、事前予約をおすすめする

列車移動

実際に列車移動してきました!

乗り場は↓地図のHowrahという駅。

行程

PM6時:宿を出てハウラー駅まで。

サンタナゲストハウスからタクシーで200ルピー

PM7時:駅着

凄い人の数、そして駅の中で野宿する人々w

我らの電車はPM8時20分発

何番ホームに来るか確認すると、なんと2時間の遅延

オーマイガ!!

まぁインドではこんなの当たり前みたいで、2時間は可愛い方だそう。。w

ってことで、やることもないので腹ごしらえ。

エッグカレー:70ルピー≒105円

二人でがっついてます♪

5人組やったけど、同じ電車取れなかったので、他の3人組は既に出発済(しかも遅延なし。。)

約2時間やることないので、現地人に混ざって野宿もどき

そんなこんなで22時20分やっと電車出発のとき。

ちゃんと自分の席が取れてるかここで確認。(大学の合格発表みたいw)

名前を確認したらいざ乗車♪

寝台列車なので、ベッドだらけ。

なんだかんだで寝台は初。(他の国でもトライしてきたけど、いつも寝台は予約一杯やった)

僕の席は3段ベッド。寝るまではこんな感じで普通のシートとして活用。

暫く時間経って眠くなってきたところで、ベッド組み立て。

これから寝ますよー!

と言いつつ、僕はアマゾンプライムアニメを見てたので、AM1時頃就寝。

アマゾンプライムは海外では視聴不可なので、VPNで日本経由でアクセスする必要有
AM10時:昼の12時に到着予定やったので、2時間前に起きて降車準備♪
PM12時:現在地をGPSで確認。

あれ?!全然進んでないやん??

その後も1時間おきにGPS確認。

少しずつ進んではいるが、一向に着く気配なし。。

なんだかんだで、既に16時

残り10Kmぐらいなのでもう少しだー!と思うも、1時間ぐらい停車しっぱなし。。

なんなんだ、一体何が起きたんだ!!

何が起きたのか分らず、結局18時過ぎバラナシ駅に到着。。

電車に乗っていた時間は約20時間。計8時間の遅延である。

尚、コルカタの宿を出てからは既に24時間経過しているw

初めてインドでの洗礼を受けましたw

バラナシ到着後

電車を降りたら人、人、人。

バックパック背負ってるので進むのもしんどいです。

夕飯

電車に乗っている間は事前に購入していた食パンで凌いでいたが、

さすがにちゃんとした飯を食べようということで、駅周辺で探すことに。

カレー(60ルピー)を食べたけど、量が少なかったので、

屋台でトーストを混ぜたオムレツ卵×2+トーストで25ルピー)を食す。

宿まで

リキシャーを探すも、どこも150ルピー。。

100ルピーで行けるはずなのに、この日はお祭りのせいで割高のよう。

めっちゃ粘って120≒180円ルピーで妥結。

結局、お祭りのパレードでリキシャーは途中までしか行けず1Kmぐらい歩きました。

今回の宿もサンタナゲストハウス(インドには4店舗あります)

先に着いていた3人組とも合流して、大宴会

この後も飲み続けてビール18本空きましたw

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
インド記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント