【世界一周】メトロ社の夜行バスでイズミールからイスタンブールへ移動

トルコ

メルハバー、ぱっくんです。

ついにトルコ旅も終了が近づいてまいりました。

イスタンブールに戻って東ヨーロッパを周る準備をします。

準備といっても何かするわけではないがw

ってことで今回はイズミールからイスタンブールまでの移動記になります。

※2019年3月1日情報

イズミールからイスタンブールの行き方

イズミールからイスタンブールへはバスで8時間程の距離

尚、飛行機でも行くことが可能。

私はバスを選択。

バスチケット購入

下地図の鉄道駅【Basmane駅】の付近にバス会社が並んでいる。赤ピンのMetroのところ。

外観はこんな感じ。

片っ端から各社の値段出発時間をチェック。

だいたいどこも75リラ

ただ、1つだけ天下のMetro社だけが70リラ最安値を言ってきたので、即決。

トルコでは有名なバス会社だけに一度乗ってみたかったのだ。まさか一番安いとは!

22時オトガル発⇒翌AM6時イスタンブール着の便を予約。

21時20分にこのバス会社集合で、オトガルまで送迎してもらう。

出発前夜

夜10時過ぎ、見知らぬ番号から電話が。。

不信に思ったので電話は出なかったが、

1つだけ心当たりがあったのでバスのチケットを確認してみた。。

『オーマイガーーー』

なんとバスチケットの日付けが間違って取得されていた。

3月1日の便と言ったのに、2月28日の便になっていたのである。。

先ほどの電話は恐らくバス会社からであろう。。オワタ。。

そのためあまり寝つけなかったぱっくんである笑

出発当日

とりあえず朝起きてバス会社と闘いに行ってきました。

3月1日って言ったのに、何で2月28日の便取ってくれてるんだ!

と、色々抗議したもののトルコ語+NOチェンジしか言ってこない。。

お前じゃ話にならんから英語喋れるやつ連れてこい!

と言うも、連れきたやつはそんなにレベル変わらない。

結果、チケットにサインをしてしまっていたため、払い戻しや日付け変更はできないとのこと。

サインをしてしまっていてはこちらも対抗策がない。。

く、やられた。。70リラをドブに捨ててしまった。

改めて70リラでチケットを購入したので、倍の140リラでチケットを購入したことに等しい。。

とても痛い。。。。

勿論今回はサインするときに時間と日付けと行先確認しました。

街ブラ観光

70リラの傷が癒えないまま、街ブラ観光w

アタチュルク像

街のシンボルのアタチュルク像

アタチュルクとはトルコ初代大統領で、ギリシャからイズミールの地を奪還したことで有名。

エーゲ海

イズミールはエーゲ海に囲まれた海沿いの街。

さぞ綺麗な海なんだろうと思っていたけど、この日はとても寒くて海は大荒れ。

イズミールは1年を通して温暖な気候なはずなに、とても寒かったw

バザール

イズミールにも大きなバザールがあって、地図アプリなしでは迷子になってしまう。

ちなみに昼飯と夕飯もこのバザール周辺で食べたんだけど、かなり節約できた。

チキンケバブのサンドで1個3リラ≒60円

70リラの損害を昼飯と夕飯でカバーしていく作戦。普段は20リラぐらい使っている。

そんなこんなでバスの時間に。

乗車

Metroの待合室で待機。

PM9時20分:オトガル行きのセルビス乗車

15分程でオトガル着。

バスが来るまで待機です。22時発の便で3分前くらいに到着しました。

車内のモニターはさすがMetro、英語表記可能です。

ドリンクサービスはイスタンブール到着までに2回ありました!

そんなこんなでAM6時8時間で到着。

やはりインド旅に慣れすぎたせいで8時間があっという間。。

もうちょっと車内でゆっくり寝たいのにーー

イスタンブールのオトガルに着いたら、行きたい方面のミニバスに乗車。

Metro社使用のお客様はもれなく送迎ミニバス無料です。

僕は旧市街に行きたかったので、9番のAksaray行きに乗車。

その後はトラムを使って宿まで行きましたとさ♪

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
トルコ記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント