【世界一周】モスタル観光&クラビカの滝へ行ってみた!からのクロアチア入国

ボスニア

こんにちわー、ぱっくんです。

ボスニアのモスタル滞在3日目にしてやっと、モスタル観光できました笑

といっても2時間ぐらいで見て回れる街の広さです。

その後はクロアチアとの国境近くにあるクラビカの滝へ行って、そのままクロアチアへ入国です。

※2019年3月25日情報

モスタル

モスタルはオスマン帝国時代に発展した街で、石造りの大きな橋が観光の目玉となっている。

しかし、ボスニア紛争の際にこの橋は倒壊。

紛争10年後ユネスコの協力を経て復旧し、世界遺産として登録された。

観光

AM9時:朝飯を宿で食べて、10時ぐらいには出発しようかなと思っていた。

ブログも溜まってるし、もう1泊してゆっくりしようかなと思って、宿のママに延泊依頼

すると、朝食を一緒に食べていた同宿のスペイン人の子が、マイカーを持っていて午後から滝を見に行くとのこと。そしてそのままクロアチアへ入国。

なんという素晴らしいルートだ!

元々僕は滝に行こうとしてたが、行く手段が見つからず諦めていた

且つ次の国はクロアチアと決めていたので、これは便乗するしかないと思い、同乗を申し出たw

なんと、快諾!

よっしゃーー!

ということで、宿の延泊をキャンセルw(この間ものの数分w)

PM2時半に宿集合を約束して一旦解散。

AM10時:観光出発

KOSKI MEHMET PASHA MOSQUE

最初に行ったのがこちら。

旧市街にある看板の通りに進むとモスク発見。

内部は有料です。俺としたことが、入場料写メ撮り忘れた。。

料金は2通りです。

①モスク+ミナレット+ビュースポット:12マルカ≒6ユーロ

モスク+ミナレット:写メ撮り忘れたので不明ですが、12マルカより安いです。

自分は①を選択しましたが、ビュースポット付きは正直不要かと思います。

ミナレットからの景色だけで十分です。

モスクの内部へ。

右手にミナレットへの入り口があるので、そこから登ります。

そんでもってミナレットからの景色がこちら↓

なんか観光客俺しかいなくてラッキー!?

その後は、モスクの外縁にあるビュースポットへ。

前述しましたが、ミナレットからの景色の方が断然良いので、写真撮ってませんw

スターリモスト

世界遺産の橋の名前がスターリモスト。

風情のある旧市街を歩いて橋本体へいきます。

こちらが橋本体。

橋は遠くから見た方が良いですねw

橋を渡ると、戦争当時の様子が分かる記念館。

内部は有料だったため、入ってません。

そのまま下に降りたら、橋を間近で見ることができます。

何やら騒がしいな、と思ったら飛び降りパフォーマンスしてました!

チップをせがまれたら嫌なので、そそくさと退散。

反対側のビュースポットまで周って観光終了。

基本的にモスタルはこの橋だけなので、観光時間はそんなに掛かりません。

ランチ

11時半ぐらいには観光終わってたので、飯食って宿へ。

5マルカだと思ってたら5ユーロ。。やられたw

まぁ美味しかったからいいけどね!

クラビカの滝

僕は12時ぐらいに宿に戻って、ひたすらブログタイム!

集合時間の14時半になったけど、エスパニョーラ現れず。。

あれ、こりゃ置いていかれたか??

と思ったけど、30分遅れて無事参上しました♪

そんなこんなで出発!

モスタルからは50分程で到着!

入場料は4ユーロです!

滝は思ったより大きくて迫力満載!上から見ても綺麗♪

下に降りても迫力満点♪逆光で写真撮りにくかったので、午前中の訪問をお勧めします!

この時期は人が少なくて良いですな!

夏になるとここで泳げるみたいです。。自己責任らしいけどw

17時ぐらいに滝を出発して、いざクロアチアへ!!

てっきりドブロブニクに行くのかと思ったら、スプリットまで来てしまっていた。。

ドブロブニクは行ったことあるので今回は寄らないとのこと。。

まぁいっかw

そんなこんなでエスパニョーラと夕飯食べに行ったど、クロアチア物価高いね!

これで1人1000円ぐらい。。

ま、美味しかったらいいけど♪

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ボスニア記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント