【インド】20時間?ジョードプルからムンバイへのスーパー長距離移動

インド

ナマスカー、ぱっくんです。

昨日熱で夜寝込んだおかげで、PC作業ができるまで回復しました。

今日は一日宿に籠っていたんだけど、外に出ないだけでほぼ咳が出ない。

やっぱインドは大気汚染やばいんだなー。。

ムンバイに移動して病院でも行こうかなと思います。

当初の予定ではジョードプルから南下して、

エローラ石窟寺院アジャンター遺跡を見てインド旅終了の予定でしたが、

全てすっ飛ばします笑

友達6人と別れをして、いざ久々の一人旅!

さあ、20時間バス旅の始まりです♪

※2019年2月12日情報

ムンバイ

飛行機をムンバイというところから取ったので、ムンバイまで移動しなくてはいけません。

インドの大都市の1つで、世界6位の巨大都市を形成しているとのこと。

観光地というよりは、商業等が盛んな地域。

尚、ジョードプルからは南に1,000km南下したところに位置している。

ジョードプル⇒ムンバイのチケット購入

チケット購入は安定のRed Busさん。

サイトはこちらから

前回リシケシュからジャイプールのバスをミスチョイスしてしまったので、

今回は入念にスペックの確認。

一番上の13時発のがwifi,コンセントブランケット等付いていて快適そう。

1500ルピーと列車の倍の値段するが、快適さを取るなら断然バス。

ってことで、乗車場所と降車場所を選択して決済!

あれ?!決済できない。。

4枚のクレジッドカード全て弾かれる。。

どうしたものか。。

1時間ぐらい格闘して、ようやく原因判明。

自分の名前間違えてましたw

登録の名前とクレジットの名前をしっかり確認しましょう!笑

よし、これでなんとか明日には出発可能です。

乗車場所

私が取ったバスの指定乗車場所がこちら↓Shrinath Travel Agency

外観はこんな感じ。

13時出発なので12時20分頃にはこちらに到着して待合室でスタンバイ。

12時半にはもうバスきました♪ここが始発みたいっすね!

早速荷物を持って乗り込みます。

内観

さっそく中のチェック。

流石は高級バス全席個室の寝台です。

私は一番後ろのLower席。

コンセント付き、エアコン付きです。

ただ、ネット予約するときに書いてあったブランケットWifiは無かったです。。

バックパックはトランクでは無く、室内のベッドの下に入れろと言われました。

このスペース。

そんな感じで10分早く出発♪さすがは高級バス

休憩ポイント

確か4回ぐらいトイレ休憩がありました。

16時19時22時2時6時の4回だった気がします。

大体3~4時間おきって感じですかね。↓写真は休憩所

降車場所

8時10分頃到着、なんと19時間で着いちゃいました!

予定よりも1時間早い♪

インドもお金さえ掛ければ時間を守ってくれるのね!

降車場所はネット予約の際に自分で選びます。

僕は安宿のあるエリアの近くのANDHERIというところを選択。

降ろされたところは↓地図の赤ピンのとこらへん。

そっから宿までローカルバスで行こうとしたら満員で乗れないので、メトロに乗ることに。

メトロの駅までは徒歩10分ぐらい。

電車のシステムはタイと一緒で、トークンシステム。

行きたい場所を告げ、トークンを購入。

宿の近くのSAKINAKA駅までは20ルピー

これがトークンです。

早速電車に乗車♪

インドにしてはめちゃくちゃ綺麗!しかもエアコン効いてて気持ちい。

バックパック背負ってメトロ乗ってる人が珍しいのか、めっちゃ皆ジロジロ見てくる。。

その内の一人が声を掛けてきた。

邪魔だからドア付近じゃなくて中の方に行けとのこと。

あ、それで皆見てたのかw

すんませんね!笑

移動したら視線は消えましたとさ♪

そんなこんなで宿到着。

宿のチェックインで一悶着あったので、その話は次回で笑

んで、追っかけるようにお別れをした友達のうち3人が同宿に到着♪(彼らは列車移動)

彼らは翌日別の都市に行くので今日が最後の晩餐!

皆今までありがとねーー!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
インド記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント