【ナゴルノカラバフ】ライオン像に滝?!日帰りで行けるおすすめ観光スポット4選!

ナゴルノカラバフ

ズドラストヴィーチェ。

先日ついに謎多き未承認国家ナゴルノカラバフ共和国にやってきたぱっくんで御座います。

今回はそんなカラバフのメジャースポットからマイナーで面白いスポットを発見したので紹介したいと思います!

尚、今回紹介するところは全て1日で周ることが可能です。(だいぶしんどいですがw)

あ、そうそう余談ですが、このカラバフで旅を開始して32ヵ国目人生通算で50ヵ国目になりましたーー!

まだ、50、、100ヵ国とか果てしないな。。。。。

※2019年8月1日情報

カラバフのおすすめ観光スポット4選

今回紹介する場所は前述の通り1日で全て周ることが可能です。

周る効率も含めて紹介したいと思います。

①ライオン像

まず、最初に訪れるのがこのなんとも珍しい巨大ライオン像。

建設の経緯等は不明だが、面白スポットとして観光客だけでなく現地人にも人気。

ネットで調べても行き方等載ってないので、今回詳しく説明します。

行き方

後述する②のガンザサル修道院と同じ村にあるので、セットで訪れましょう!

尚、②のガンザサル修道院を先に訪問しても構いません。

但し、④のアンブレラウォーターフォールは必ず1日の最後に持ってきましょう。

まずは、下図のバス停に行きます。

エレバンから到着したときと同じバス停です。

ライオン像とガンザサル修道院がある村の名前はVank Villege.

バス停で【バンク】と言えば該当のバスまで案内してくれます。

尚、ステパナケルトからの距離感は下図の通り↓

チケットカウンターで『VANK』行きのチケットを買ったらバス(205番)に乗り込みます。

料金:800ドラム≒179円

・バスの出発時間:9時/16時のみ(1日2本

※④のアンブレラウォーターフォールを後回しにする理由は、9時のバスを逃すと1日で全部周れないため。

・9時出発⇒10時着
・所要時間:1時間
・終点で降りるので、寝ていて大丈夫です。

バスの終着点はこちら↓

ガソリンスタンドの前で降ろされます。

帰りのバスは14時半の1本のみなので、それに間に合うよう行動しましょう!

少し北に歩くと分岐点が見えます。

分岐を左に進めば『ライオン像』、右に進めば『修道院』。

修道院は山道のため、体力温存も兼ねて先にライオン像を攻めます。(逆でも可)

ライオン像のmaps me での表記は下図↓(lionで検索したら出ます

・分岐点からライオン像までの距離:片道3km(往復6km)
・ライオン像着時間:10時43分(徒歩片道30分程

道中、少ないですが車が通るのでヒッチハイクを試みましたが、ことごとく失敗w

着いたら写真撮影して、来た道を戻ります。

・片道30分掛けて分岐点まで戻る
・分岐点到着時間:11時36分

②ガンザサル修道院

12世紀に建てられた修道院で、ガンザサルとは現地語で『宝の山』を意味する。

山の上に建てられた修道院で、眺めが綺麗なため現地人の観光地として人気。

行き方

ライオン像から分岐点まで戻ってきたら、今度は右の道を進みます。

登山道もあるが、ヒッチハイクをするために車道を歩きましょう!(全部歩いたら所要1時間半

満車の車が多く、なかなかヒッチハイクが成功しません。。

半分ぐらい登ったところで、一度ヒッチハイク失敗した車が頂上から戻ってきてくれました!

どうやら頂上で一旦家族を下ろして、わざわざ僕らを乗せるために下りてきてくれたのです!

感謝感謝!!

登山開始:11時36分⇒ヒッチハイク成功:12時⇒頂上着:12時02分
※車だとあっという間ですw
ビューポイントから見た修道院↓

ちなみに修道院には宿泊施設もありました!

観光が終わったら再び下山します。

下山開始:12時45分⇒ヒッチハイク成功:13時06分⇒下山完了:13時09分
下山後は疲れたのでビールを飲んでエネルギー注入します。

帰りのバスの時間は14時30分なので、まだ1時間半ぐらい時間あります。

暇なのでヒッチハイクでステパナケルト行きの車を見つけます。

はい、見つかりましたw

ヒッチハイク成功:13時26分⇒ステパナケルト着:14時08分

③We are our Mountain

ナゴルノカラバフ共和国の代名詞的存在のモニュメント。

山に住むナゴルノカラバフの民を象徴するモニュメントで、火山岩を掘ってつくられたとのこと。

ナゴルノカラバフに来て、これだけ見て帰る人もいるくらい人気No1観光スポット。

行き方

このモニュメントはステパナケルト市内にありますが、Vankからの帰り道にちょうど通るので、このルートで行くと非常に効率が良いです。

ヒッチハイクの運ちゃんにここで降ろしてもらいました。

ちゃちゃっと撮影して次の場所へ。

④アンブレラウォーターフォール

傘のような形の滝のためこのような名前になっている。

行き方

ステパナケルトのバスターミナルからは30分に1本の頻度シュシ』行きのバスが出ています。

料金:200ドラム≒45円

ステパナケルトからシュシの街までの距離感は下図↓

14zヒッチハイク

僕らは③の『We are our Mountain』にいたので、バスではなくてヒッチハイクでシュシまで向かいました。

なんと仕事終わりのポリスメンが送ってくれました!

帽子を拝借w

ヒッチハイク成功:14時25分⇒シュシ着:14時50分

シュシの街から滝までは歩いて1時間半程。

途中、こんな感じの景色を眺めながら滝のあるところまで下っていきます。

ゲートをくぐって道なりに進んでいきます。

といっても、序盤は道が分かりにくい。。。

僕らは3人いたんですが、3人ともGPSが上手く作動せずスムーズに進むことができませんでした。

聞いた話によると、あんまりルートを外れすぎると地雷があるとも聞いていたので、めちゃくちゃビビりながら進んでましたw

イバラでトゲトゲした植物が多く、かなーり痛みを感じながら進みましたw

ある程度進むと道も良くなってきて、スムーズに進めます。

そんなこんなで到着!

滝目指して行動開始:15時⇒滝到着:16時40分

はい、水着着てきて良かったです♪(ちなみに初おろし

ここで出会った世界一周中の夫婦のダイキ君、ハルナさんが僕たちの隠し撮りしてくれてましたw

なかなか良い写真w

ほどほどに撮影したら、帰ります。

来た道を戻れば良いんだけど、僕らは別の道で帰りました。(あまりお勧めしませんw)

滝の先にまだ道があるので、目印に従って進むこと約40分。(行きより道は楽

向かいの山の集落に到着。

適当に民家訪問して金払うからシュシの街まで送ってもらうよう依頼。

1,000ドラムでシュシの街のバス停まで行ってくれました!

民家着:18時17分⇒シュシのバス停着:18時27分
シュシからステパナケルト行きのバス301番)は19時に出発の様です。
バス出発:19時⇒ステパナケルト着:19時半
あ、バスの始発はここです↓
アップするとここ↓
始発で乗ると座れます。

まとめ

ナゴルノカラバフの観光スポット4選いかがでしたでしょうか?

1日で周るとハードなので、体力に自信のない方は2日に分けてもいいかもしれません。

1日で周る際の注意点は、14時半のVANK村の帰りのバスを待っていたら、滝に着くのがだいぶ遅くなってしまうので、VANK村から帰る際はヒッチハイクをお勧めします!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ナゴルノカラバフ記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント