【ロシア】サンクトペテルブルグから日帰りで行けるクロンシュタット紹介

ロシア

ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。

サンクトペテルブルグ自体はそんなに大きな街ではないので、1~2日もあれば十分観光できるのですが、少し足を延ばせば日帰りで離島に行けます。(そんなに遠くない)

今回は僕もカウチホストにおすすめされたので連れていってもらいました!

ってことで、サンクトの離島の都市クロンシュタットを紹介します。

※2019年4月22日情報

クロンシュタット

サンクトから北西に30km程のところにあるコトリン島の都市。

戦艦好きの方は知っているかもしれませんが、ロシアのバルチック艦隊がいる場所。

また、島内の一部を除いてほとんどが廃虚となっており、一種のゴーストタウン、いやゴーストアイランドともいえる場所。

場所は↓の赤丸のところ。

クロンシュタット行き方

クロンシュタットへはバスで行くことができます。

バスは↓のとこら辺から出てます。(ピンクのピン)

メトロのプロペクト・プロス・ヴェシェニヤという駅のそばです。

K407番のバスがクロンシュタット行きです。

念のため、行先にクロンシュタットと書いてあるか確認しましょう。

一番上の文字がクロンシュタットです。

料金は79ルーブル≒134円20分に1本のペースで出ています。

所要時間は40分程でした。

↓の位置ら辺で降車しましょう。(青ピン)

そこから教会やバルチック艦隊の基地へは徒歩で行けます。

クロンシュタット観光

見所としては海の聖堂と言われる教会や、願い事が叶うと言われている木、そしてバルチック艦隊の基地や旧要塞跡地です。

海の聖堂

まず、バスの中から橋を渡ってるときに見える大きな聖堂。

近くで見ると装飾がとても綺麗です。

この町は水兵の町でもあるので、水兵たちがお祈りを捧げる憩いの場。

中は無料で入場することが可能。

内部もとても綺麗で心が安らぎます。

女性はスカーフの着用が義務付けられてますが、無料の貸し出しスカーフもあります。

デレヴォ・ジェラニー

願いが叶うと言われている木(本物の木ではないw)。

こちらの耳に願い事を囁くと願いが叶うと言われている。

宝くじ当たりますように!笑

ペトロフスカヤ・プリスタニ

日露戦争で一躍有名になったバルチック艦隊の基地が見れる場所。

いやー、かっこいいですね!!

ズームしてみると、何やら海兵さんが呑気にお喋りしています。

平和ですねーーw

クレポストノイ・ロフ

実はこの島自体がかつては要塞だったのですが、島の内部にもたくさんの要塞があります。

今ではその全てが廃虚となっていますが、一般人でも手軽に行けるのがこのクレポストノイ・ロフです。(↓赤ピン

海の聖堂等がある中心地とは逆側にあり、歩いていくのは無理ですが、バスが1時間に1本出ています。

といっても、僕はタイミングが合わなかったのでタクシーで行きましたw

※タクシーで169ルーブル≒287円(カウチホストが払ってくれたー!ありがとう!)

外観はこんな感じ↓

中も探検できるので楽しいですが、落とし穴とかあるので注意w

海の方へ行くと展望台があります。

天気が良ければ、エストニアやフィンランドが見えるかも?

ちょうど曇ってきてしまい、僕は見れませんでした。。

そんなこんなで観光終了して帰宅です。

 

以上、クロンシュタット観光情報でした!

 

 

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ロシア記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント