【タジキスタン】ホーローグから首都ドゥシャンベの行き方~2019年最新版~

タジキスタン

ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。

今回は、パミールツアーが終わったら誰しもが通る道、ホーローグから首都ドゥシャンベまでの行き方を解説したいと思います!

2019年6月現在、シェアタクシー乗り場が変更になってるので注意です!

※2019年6月2日情報

ホーローグからドゥシャンベの行き方

ホーローグからドゥシャンベの行き方ですが、シェアタクシーで行くのが一般的です。

尚、前述したとおりシェアタクシー乗り場が空港付近に変わっているので注意です。

maps meでは町の中心近くにドゥシャンベ行きのバスステーションが記載されています↓

現在は下図のsharqという空港付近のガソスタの向かいに乗り場が変更になってます。

尚、所要時間は休憩入れて11~20時間です。

そのときの交通事情で変わるみたいですが、僕のときは11時間30分程でした。

シェアタクシーの確保方法

直接シェアタクシー乗り場まで行ってもいいんですけど、おすすめは宿にドライバー探してもらうのがベストかと思います。

え?!宿に頼んだら高くなるんじゃないの?!

って思う方もいるかと思いますが、宿のマージンが掛からない方法があります。

それが、【パミールロッジ】という宿に宿泊して、ドライバーを探してもらう方法です。

パミールロッジはドミトリー7US$で宿泊できて、wifi(弱)&hotシャワー有りなので、パミール明けの旅人には打ってつけの宿です。

そんな宿のレセプションに、【翌朝ドゥシャンベに行きたいんだ】と伝えると、ドライバーを無料で探してくれます。

勿論料金は当日ドライバーへ支払うので、宿への支払いは一切なし。マージンもありません。

そして、もう1つメリットがあるのですが、

・宿までシェアタクシーが迎えに来てくれる

or

・シェアタクシー乗り場までの送迎が付いている

です。(しかも無料で)

こんな嬉しいことはありません!

実はちょいと受付の虚言癖があるのですが、金銭的にマイナスにはならないので良しとしますw(後述します)

ってことで、パミールロッジの利点を最大限活用して、ドゥシャンベまで行きましょう!

シェアタクシーの料金

パミールロッジから言われた料金は1人300ソモニ≒3,330円(7人乗り前提)

最終的には色々ドライバーと交渉して、1人262ソモニ≒2,908円の支払い(理由は後述します)でした。

電卓の画面で262と見せて即答OKだったので、僕の感じだと200ソモニぐらいで行ける気がします

誰かトライして見てくださいw

移動前夜

パミールロッジにてドライバーを探してもらう。

尚、僕らは4人。

受付曰はく、

ちょうど今3人の客を確保してるドライバーがいるので、4人追加で7人満席になる車がある

こんな打ってつけの話はない。

7人満車ということは待ち時間が無い。

そして、AM5時に宿まで迎えに来てくれるというもの。

料金は1人300ソモニと言われた。

この条件でOKならドライバーに連絡するよ、と言われたので即答OKの返事!

すると、先に3人の客を迎えに行くので、パミールロッジでのピックアップはAM6時になることのこと。

1時間集合が遅まったので僕らは喜んだw

移動当日

AM6時

予定通りパミールロッジの受付前で待機。

なかなか迎えが来ないなーと思ったら、受付スタッフが、

空港からの道が封鎖されてて宿まで迎えに来れないので、別のドライバーをよこして空港前の乗り場まで送る様手配した】とのこと。

これを聞いて勘の良い方は、矛盾に気付くはずである。

空港方面から宿に来れない、ってことは宿から空港方面にも行けない、と普通は考える。

この辺から僕は受付スタッフの虚言癖を疑い始めるw

まぁしかし、追加料金なしで空港付近のシェアタク乗り場まで迎えに行ってくれるというのだから、問題はない。

AM6時15分

迎えの車到着。

荷物を乗せて、空港付近のシェアタク乗り場を目指す。

AM6時半

空港付近の新シェアタク乗り場に着。

乗り場は前述の通り、Sharkの向かいにある。

どうやら他の3人はまだ来てないようで、僕らが先に着いたようだ。

荷物をジープに乗せて、3人が来るのを待つ。

暫く待っても3人が現れないので、ドライバーに3人の行方を聞いてみた。

すると、

30分ぐらいしたら来るんじゃないかな?いや1時間かな?出発したいなら4人でもいいよ。

と言われ、

あ、これ騙されたw

と気づく。

つまり、3人の先客がいたっていうのは全て嘘w

これから、新規の3人の顧客を待たなければいけないのである。

本来だったら6時に出発の予定がとんだ誤算である。

ただ、こんなに嘘を付かれてもパミールロッジを押す理由

それは、シェアタク乗り場まで無料で送迎してくれるからであるw

嘘は付かれても金銭的デメリットは無いのである!笑

元々シェアタクは待つもの、さあ待とうではないか!

AM7時50分(待ち時間約1時間)

ようやく、人が集まってドゥシャンベに向けて出発です。

ここで料金の確認。

最初、宿から聞いていた通り、ドライバーからは300ソモニ(7人乗り前提)と言われたが、

なんか8人乗っていたので、試しに値段交渉。

元々300ソモニ×7人=2,100ソモニ ⇒ 2,100ソモニ÷8人=262.5ソモニ。

なので電卓画面で262.5ソモニと見せると、即答OK。

これ、多分262.5以下でもいけます!

理由は2つ。

電卓画面見て即答OKだった!

助手席に座ってた香港人も同額の262.2でいけた!(助手席って普通値段高いはず)

そして7人乗りの車に8人乗ってるわけですが(ドライバーは人数から除く)、1人席のはずの助手席に2人座っているのです。

元々、助手席も300と言われてたので、1人席の助手席を2人で座ってるので、本来150ソモニになるはず。

まぁでもそれは安すぎるので、1人200ソモニぐらいが妥当でしょう!(勝手な僕の勘です)

誰かトライしてみてくださいw

そんなこんなで出発です!

あ、出発前にトイレ行っときましょうw

AM10時~10時15分

念願の休憩。

ここまで道が悪くて、尚且つこんな日に限って頻尿。。悪路で膀胱刺激されて生きた心地がしなかったw

なんとか用を足して回復。

ランチ休憩だと言われるが、まだオープンしていないのでパスw

AM11時

チェックポイント通過。パスポートとビザを見せます。

PM12時~12時半

ランチタイムというか、朝飯w


安定のプロフ(15ソモニ≒166.5円

カナダ人のマイコーがいつも腹減ったって言ってうるさくて、今回も朝から飯食ってないのでめちゃくちゃ愚痴が凄い。

やっと食べれたと思ったら、全部食べないで残す彼。

理由を聞いたら、同じ味で飽きたとのこと。

子供か!と言いたくなる。。

スナック食いたい等ほんまうるさいwそれぐらい我慢せい!

PM15時

ガソリン&トイレ休憩

ここでついに僕に助手席のチャンスが回ってきた!

といっても、1つの席を二人で座っているので狭い。

やはりよくよく考えたら、300ソモニと言われた席を二人で割っているので、150ソモニが妥当では?

PM16時半

トイレ休憩。

トイレから戻ってきたら、後部座席にいたカナダ人のマイコーがスナック買ってきてくれと言ってきた。

俺がトイレから戻ってくるまで5分ぐらいあったけど、その間に自分で行けたのでは?

単純に動きたくないだけなのと、子供みたいにスナック欲しがる彼に苛立ちを感じたw

しかもお金は俺が建て替え。

お金渡して買ってきてくれって言われたらまだOKって言えるんやけどね。

でも、ドライバーが時間ないから早く乗れっていって、結局スナック買わずw

残念、マイコー

段々道も良くなってきて、首都に近づいてきたのが分かる。

が、雨がひどくて洪水状態w

途中、道が羊に埋め尽くされたり。。中央アジア恒例w

途中、凄い絶景に出くわしたが、泥で窓が汚れていてちゃんと撮れなかった。。

これ、晴れてたらヤバイと思う!!なんか映画の世界みたい。

場所は下図らへん↓

PM19時15分

シェアタクの終点着です。

場所は下図↓

この目の前で降ろされます↓

ここからタクシーで宿まで向かいます。

4人もいるのでタクシーチャーターしても安いです。

というかここドゥシャンベはそもそもタクシーが安いです。

僕らが目指した宿、【HOSTEL LATIFA】までわずか30ソモニ、4人で割って8ソモニ≒88円

PM19時半

宿着です。

本日(ドゥシャンベ)の宿【LATIFA】

Booking.comで最安の宿。

部屋の感じはこんな感じ↓

・料金:US5$

なんかBooking.comで10US$って表示されることもあるけど、直接言ったら5US$です)

・朝飯付き

・ホットシャワー有り

・wifi有(弱)

まぁ問題ないレベルでしょう。

ただ、中心地からちょっと離れてるので、観光したい人向けではないかも。

僕はドゥシャンベで観光する予定無かったので、まぁOKでしたw

まとめ

パミールロッジの受付は虚言癖があるけど、デメリットは無いのでガンガン活用してシェアタクGETしましょう!笑

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
タジキスタン記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント