【タジキスタン】オシュ発パミール&ワハーンツアー概要まとめ~料金&日程等解説~

タジキスタン

ズドラストヴィーチェ、パックンです。

今回は、タジキスタンの人気観光スポットのパミール高原&ワハーン回廊のツアー概要について解説したいと思います。

※2019年5月28日~6月1日情報

パミール高原&ワハーン回廊

オシュ発の場合、行き方としては大きく分けて2つ。

オシュから車をチャーターして周る方法シェアタクでムルガブまで自力で行ってそこで車をチャーターする方法

どちらもメリット&デメリットがあるので、その辺についても解説していきたいと思います。

尚、どちらもホーローグ着ベースで比較してます。

ドゥシャンベまで行くツアーもありますが、割高なので候補から除外してます。

メンバーの集め方

本題の前に、まずは大事なメンバー集めの方法

車1台をチャーターするので、人数は多い方が割安。

ただ、1人旅の場合はなかなか人数が集まらないこともしばしば。

そんな僕もビシュケクで1人集めたけど、あと二人メンバー欲しくてとあるサイトを利用した。

ゲストハウスにお願いしてもいいけど、ネットで募集するのが手っ取り早い。

下記サイト(掲示板)で各国のパミールに行きたい旅人がメンバー募集の書き込みをしている

パミール高原&ワハーン回廊のメンバー募集サイト

こんな感じでちょくちょく書き込みされてるので、簡単にメンバー集まります。

僕はここで1人と、同宿のツテで1人getしました。

ムルガブ発⇒ホーローグ着のケース(最安)

さて、ここからが本題です。

この方法で行くのが一番最安。

但し、ムルガブまでの途中の絶景をすっ飛ばすことになるので、それでもOK且つ予算的に厳しい方はこの方法がおすすめ

オシュでシェアタクシーに乗り、ムルガブまで一気に行く。(1日で行くため朝5時発と早い)

ムルガブに着いて、フリーのドライバーを探してチャーターするか、宿泊しているゲストハウス、CBT等で申し込むのが一般的。

料金は2泊3日240US$~350US$(車1台辺り)

ドライバーやゲストハウスによってマチマチ。(フリーのドライバーが最安)

料金に含まれる物:ドライバーの給料、燃料、ドライバーの食料等(僕らの食費や宿代は含まない)

フリーのドライバーは車が故障した際の補償等はないため、その辺は要考慮した上で選択した方が良い。

オシュ発⇒ホーローグ着のケース

ムルガブ発に比べて、値段は倍以上

まず、オシュゲストハウスで値段確認すると、4泊5日で846US$

高い。。この情報を持った上で、CBTで値段確認しました。

僕らは、下記場所のCBTで初顔合わせして作戦会議して決断しました。

メンバーは日本人カナダ人香港人韓国人(私)の4人です。

最初は車1台チャーターするのに900US$と言われたけど、800US$まで下げて、そこから作戦会議。

連れのカナダ人と香港人がムルガブ発にしたら安くなるっていうのを信じない、更に途中の絶景を見逃したくないというので、こちらのプランで行くことに。笑

700US$まで持ってきたかったけど、最終750US$で妥結です。

ってことで1人当たり187.5US$です。たけーーー。

ルート概要

オシュ発のケースですが、大体下図のようなルートになるかと思います。

私が宿泊した地点をベースにしてますが、ツアーの進行具合でその日の宿泊場所は変わります。

希望の宿泊場所があればドライバーと相談してルートの調整をすることも可能です。

(フリーのドライバーは事前の取り決めと違うと追加料金を請求してくるので注意)

尚、私はオシュ発にしたので、ムルガブは昼飯を食べただけで通過しました。

ムルガブ発の場合は3日目の途中から見て頂ければ、あとはルートは同じです。

ツアー行程(オシュ発)

オシュを出る前にバザールでタジキスタンソモニに両替しておきましょう。

ここが一番レートが良いです。

本項では各日の見所のみを紹介します。

詳細のスケジュール等については、日ごとに記事を書いているのでそちらをご確認ください。

1日目(オシュからサリモゴルまで)

パミール周遊1日目の記事はこちら↓

【タジキスタン】パミール高原&ワハーン回廊放浪記①日目~キルギス南部の国境沿いでハイキング
ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。 長らく滞在していたキルギス(19日)ともおさらばして、ついに次の国タジキスタンへ向け出発です! というか暫く更新が滞っていてすいません!タジキスタンはネット環境が脆弱でブログの更新はおろかイ...

1日目はまだキルギス側を堪能です。

サリモゴルの郊外でトレッキングできるのですが、パキスタンのフンザみたいでお勧めです。

サリモゴルまでの道中の景色①

サリモゴルまでの道中の景色②

サリモゴル郊外のトレッキングポイント①

サリモゴル郊外のトレッキングポイント②

サリモゴル郊外のトレッキングポイント③

サリモゴル郊外のトレッキングポイント④

2日目(サリモゴルからカラクルまで)

パミール周遊2日目の記事はこちら↓

【タジキスタン】パミール高原&ワハーン回廊放浪記②日目~ついに国境通過!絶景のカラクル湖
ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。 前回、4人で旅を始めてキルギス側の国境付近の町サリモゴルまでやってきた私たちであったが、 カナダ人のマイコーのビザ問題で延泊を余儀なくされた。 果たしてマイコーのビザはどうなったのか?...

2日目は国境を越えて、タジキスタンの町カラクルまで行きます。

シェアタクシーでもカラクル湖は見えますが、湖の畔までは行けません。

※畔がめちゃくちゃ綺麗。

そして夜は星空が綺麗なので、是非1泊をおすすめします!

国境間の景色

カラクル湖①

カラクル湖②

カラクル湖の畔①

カラクル湖の畔②

カラクル湖の畔③

カラクル湖の畔④

カラクル湖の畔⑤

カラクル湖の星空①

カラクル湖の星空②

3日目(カラクルからアリチュールまで)

パミール周遊3日目の記事はこちら↓

【タジキスタン】パミール高原&ワハーン回廊放浪記③日目~カラクルからアリチュールまでの絶景群
ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。 前回、カナダ人のマイコーが離脱して、危うく香港人のオート君も離脱しそうになって二人旅になるとこでしたが、無事4人旅に戻った一行です。 パミール周遊1日目の記事はこちら↓ パミー...

3日目はムルガブ経由でアリチュールという街まで行って宿泊します。

ムルガブは何もないのでランチで立ち寄っただけ。

途中、歴史的な岩絵や綺麗な渓谷を見れます。

ムルガブまでの道中①

ムルガブまでの道中②

岩絵

場所は下図参照↓

岩絵から見た景色

岩絵の麓の景色

アリチュールまでの道中①

アリチュールまでの道中②

4日目(アリチュールからヤムチュンまで)

パミール周遊4日目の記事はこちら↓

【タジキスタン】パミール高原&ワハーン回廊放浪記④日目~ついにワハーン!アフガンの絶景群!
ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。 前回、パミールハイウェイ上のアリチュールという街に宿泊した我ら。 今回はついに念願のワハーン回廊に突入です! パミール周遊1日目の記事はこちら↓ パミール周遊2日目の記事...

4日目はついにワハーン回廊に突入して、旅の疲れを癒すため温泉のあるヤムチュンまで行って宿泊します。

サシクル湖

場所は下図参照↓

ブルンクル湖①

ブルンクル湖②

場所は下図参照↓

チュクルクル湖

場所は下図参照↓

ワハーン回廊①

ワハーン回廊②

ワハーン回廊③

ワハーン回廊④

ワハーン回廊⑤

アフガニスタン側の人たち

ヤムチュン砦

ビビファティマ(温泉) 入浴料10ソモニ≒111円

場所は下図参照↓

5日目(ヤムチュンからホーローグまで)

パミール周遊5日目の記事はこちら↓

【タジキスタン】パミール高原&ワハーン回廊放浪記⑤日目~最終目的地のホーローグへ
ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。 前回、ついに念願のワハーン回廊に突入して、アフガニスタンの絶景を眺めてきました! ヤムチュンで温泉に浸かって疲れを癒した我々はついに、最終日、ホーローグへ向かいます。 パミール周遊1日...

5日目は最終日、終点のホーローグを目指して進みます。

途中、ガラムチャシュマという石灰岩に温泉が溜まったトルコのパムッカレみたいなものがあります。

パムカッレと違い、ホースでお湯を足しているのではなく自然に溜まっているので本物ですw

キャフキャハ砦

場所は下図参照↓

ガラムチャシュマ①

ガラムチャシュマ②

場所は下図参照↓

料金:20ソモニ≒220円

※時間によって男女入れ替えるので、僕が行ったときは男性禁制でした。。

ガラムチャシュマを見た後は、ホーローグまで直行して本旅終了です。

パミールの宿情報

僕が泊まった宿情報↓

基本的に全て朝&夕飯込みで15US$です。

というかドライバーが宿主に15US$でいいか?と聞くので、OKと即答してくる。。

それよりか安くても、そんな聞き方したら15US$になってしまう。

最終日(ホーローグ)は文句言って安いとこにしてもらったw

サリモゴルの宿

パミールではないけど、一応紹介。

宿名:MUSA GUEST HOUSE

夕飯がめちゃくちゃ美味くて、ボリューミー。(おかわり自由)

ただ、朝飯はポリッジなのでポリッジ嫌いな人は注意w

wifi有ホットシャワー(バケツ式)有り電力有り

カラクルの宿

2日目の宿。

宿名:GUEST HOUSE

夕飯はなかなか良かった!

場所は下図参照↓

wifiなし電力なし(ジェネレータで数時間発電可能)、ホットシャワー(バケツ式)有

アリチュールの宿

3日目の宿

宿名:UMAR GUEST HOUSE

場所は下図参照↓

wifiなし電力なし(ジェネレータで数時間発電可能)、ホットシャワー(バケツ式)有

ヤムチュンの宿(宿名なし)

4日目の宿

温泉のビビファティマの隣にある宿。

wifiなし電力有りホットシャワー無し(隣に温泉有り)

ホーローグの宿

5日目の宿

宿名:パミールロッジ

ここはFIXプライスでドミトリー7US$

wifi有るが激遅!(利用可能時間AM6時~10時&PM6時~10時のみ)

HOTシャワー有り

電力有り

まとめ(使用総金額)

オシュ発のケース

車チャーター代:187.5US$≒21,000円

宿代:1泊15US$ ×4泊=60US$≒6,720円

食費他:約1,600円

総額:2,9320円

 

ムルガブ発のケース

オシュ⇒ムルガブまでのシェアタク代:40US$≒4,480円

ムルガブの宿泊代15US$≒1,680円

車チャーター代:240US$÷4=60US$≒6,720円

宿代:15US$ ×2=30US$≒3,360円

食費他:約1,600円

総額:17,840円

ムルガブ発とオシュ発では半額近く違いますね。

勿論宿代はもっと安く済ませることが可能だと思います。(僕らは交渉すらしていない。。)

ただ、やはり途中の絶景を見たいオシュから楽してホーローグまで抜けたいって方はオシュ発でいいかなと思います。(予算に余裕があれば)
僕の1日目&2日目の写真を見て興味を湧かない方はすっ飛ばしてムルガブ発にした方がベターかと思います。

それにしてもタジキスタンは金の掛かる国ですなーーー。。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
タジキスタン記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント