【ロシア】お酒事情~ウォッカの正しい飲み方と最高のつまみを紹介

ロシア

ズドラストヴィーチェ、ぱっくんです。

今回はロシアのお酒事情について記載したいと思います。

お酒を買う上での注意点も記載したいと思います。

※2019年4月23日記載

ロシアでお酒を買う上での注意点

ロシアってお酒大好き大国のはずなのに(勝手な僕のイメージw)、実は購入に規制が掛かってます。

というのも、夜の10時以降はどこの店でもお酒の販売が禁止されているのです!

なんともクレイジー!!

まさかロシアでそんなルールがあるなんて思ってなかったので、僕は一度撃沈しましたw

まぁたまには禁酒するのも有りと自分に言い聞かせてますがw

ってことで、

お酒を購入する際は夜10時までに購入しましょう!

※バーやレストランは可能です。

ウォッカの正しい飲み方

皆さんウォッカの正しい飲み方ってご存知ですか?

ロシアに来たらやっぱウォッカでしょ!

って思ってウォッカを買って飲んでたら、

カウチホストに何て飲み方してるんだ

と怒られ、正しい飲み方を教えてもらいました

ってことで、ここでその飲み方を紹介したいと思います。

まずはウォッカを準備しましょう♪

ウォッカの他につまみを購入しないといけないみたいです!(カウチホストが買ってくれました。)

これがロシア流!左からピクルス黒パンサーロ(お肉)

準備ができたら以下の手順で飲みます!

Step1. グラスに一口分だけウォッカを注ぎます

Step2. 右手にグラス、左手におつまみ(どれでもいい)を持つ

Step3. 息を大きく吸って、その後吐きます。

Step4. 息が吐けなくなったところで、ウォッカを一気に口へ注ぎ込み、左手に持ってるつまみを一口で食します。

これが一連の流れです。

なんとこの飲み方だと不思議!ウォッカのきつさを全く感じませんw

ピクルスもお肉も塩分が効いていて、ウォッカをちょうどいい感じで中和してくれます。

そしてこのサーロというお肉、めちゃくちゃ美味い。。

酒のつまみに最高ですw

サーロとは:豚の脂身を塩漬けし、スパイスを振りかけた食べ物。

サーロはロシアだけでなく、中央アジア等でも食べれるみたいなので、今後見かけたら酒のつまみに購入したいと思います。

ただ、国によって使っているスパイス等が異なるみたいなので、各国のサーロを比較するのも面白そうです。

そんな感じで一瞬でウォッカ空きましたw

サーロうますぎーーー!!

ウォッカの飲みすぎは危険なので気を付けましょうw

その他のお酒紹介(ビール)

追加情報ですが、ロシアでビールも飲んでみたのでレポしてみたいと思います。

ヒューガルデン

え、ヒューガルデンってベルギービールじゃないの?って思う方もいるかもしれません。

というか、勿論そうですw

ただ、このグレープフルーツ味というのは見たことなかったので買っちゃいました!笑

ラベル見てみると、ロシア産。。ロシアにも製造所があるってことなんかな?

まぁそんなことはさておいて、味です。

美味しい!グレープフルーツ風味のビール!いやジュースやなw

というかグレープフルーツに炭酸入れたジュースみたいな感じw

美味しいけどビールとしてはいまいちかな?

やっぱヒューガルデンはノーマルがベストか!

バルティカ3

バルト海の名にちなんだ名前のビール。

3の他に7もありましたが、僕は人気の3を飲みました。

一番左のがバルティカ3です。

味はビター系かな?

可もなく不可もなくって感じだけ、何でこんなに人気なのか不明ですねw

バルティカ7

時間ができたのでバルティカ7も飲んでみました!

ロシアのビールで一番美味かったかも?!

生ビールだったせいもあるのかもw

クラフトビール

最後にスーパーで買えるクラフトビールを試しに買ってみました!

スーパーではその場でペットボトルに入れてくれるので、ラベルが無いです。

一応、袋に名前が付いていたので、気になる方はトライしてみてください!

お味は、あっさり系?

非常に飲みやすいですね!

個人的にはバルティカ7>クラフト>バルティカ3の順に好きです。

 

以上、ロシアのお酒事情についてでしたーー!

ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かった等々、
少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になった、面白かった等々、 少しでも心動かされましたらぜひ下記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
ロシア記事一覧
スポンサーリンク
パク旅@世界一周

コメント